こんばんは。香里です。

 

やっとちょっと涼しくなってきましたね~。

でも、このごろ気がついたんですけど、やっぱこれはガチな更年期。。。

と思うことがあって、これはまた別に書こうと思います。

…お年頃ですよねぇ。

 

 

食べることは幸せでしょうか?

 

ちょっと前テレビを見ていたら、俳優の本郷奏多くんが出ていて

ものすごい潔癖症だっていうのをやってたんですけど

私、坂上忍さん以来の衝撃を受けてしまった。。。

 

他人の手でこねこねしたハンバーグとか絶対無理なんだって。

友だちが遊びに来たら、玄関で自分の服に着替えてもらうんだって…。

うん、感覚的にはわかんないことはないかも。

 

でも、究極のザッツーの私には理解はできても。。。

潔癖症の人との結婚は無理ですね!即追い出されそう。

私もハンバーグ直接こねるの気持ち悪いから使い捨て手袋使うけど。

潔癖だからではなくて、手の感触が気持ち悪いからなだけ。

 

キスはバクテリアの交換とかって言ってて本当にびっくりでしたよ。

まぁ、これも言いたいことはわかる。本当らしいし。

これって理系の人には常識だったりするみたいね。私、初耳だったけど。

そして、食べることもできればしたくないみたい。異物が入る感覚なんでしょうね。

 

だから食べることで幸せを感じたりしないんだって。

本当に驚いちゃった。ほんと、ある意味、衝撃~!!!

そっか、そういう考え方もあって、そういう人もいるんだね。

 

私は、食べること、すごく大事に思ってるの。

まぁ、本当は…奏多くんみたいな考え方だったなら

もうちょっと痩せられるんじゃないかと思わないでもないんだけど。

 

食事の好みはさまざまなので

それが合わないのは仕方がないとして

共通点は必ずあるだろうし、それぞれ違ったものでも

おいしい!って幸せを感じる瞬間は必ずあるって思っていたから。

 

食べることで罪悪感を感じる

 

私も罪悪感はね、感じることあります。

今まで何度もダイエットをしたことあるけれど

つい食べ過ぎてしまって、あ~、こんなに食べちゃった…って。

幸せを感じないで罪悪感を感じることよくあった。

 

でもそれは、量を食べたとか高カロリーのものだった

…ことに対する罪悪感だもんね?

おいしいものを食べる幸せ自体を否定してしまうのはもったいない気がして。

 

今は、もっと痩せたいな~と思っても、自分が幸せ!!って思った気持ちを

大事にしようと思うんですよね。

 

だっておいしかったもの。うれしかったんだもの。

おいしい!って思ってうれしくなる瞬間ってすごく貴重だと思う。

それを届けてくれた人の気持ちとか、共有した人とのつながりとか

そういうものも大きな幸せの要因ですよね~。

 

ずっと記憶に残るもの

 

正直、五感ってそんなに後まで残るものじゃないと思うんですよね。

匂いとかも、嗅ぐとあっ!!これこれって思うけど

無臭の場所で思い出せって言われてもあいまいだし

味も、食べてないときに正確には思い出せない気がする。

 

でも、味は思い出せなくても幸せな記憶は繰り返し思い出せるなって。

 

初めての出産をしたあと

退院して家に帰って来たとき、手伝いに来てくれていた母が

お味噌汁を作ってくれたことがありました。

 

内緒ですが 笑 母は料理が下手←ほんとここだけの話!!

自分で作るほうがおいしいかなっていつもは思ってるんだけど。

あのお味噌汁、おいしかった。ありがたかったな~。

おいしそうな湯気と幸せな気持ち…。今も鮮明に思い出せます。

 

娘は味覚に敏感なタイプで

お醤油の味の違いとかに気づいちゃうような人。

味わいには繊細だけど、その他は私と一緒のザッツー 笑。

 

娘と私は食の好みが合うことが多くて。

性格は雑だけど、食事はていねいに!おいしいと思うものを食べる

…を二人の共通テーマにしてまして。

娘の部活がお休みのときには、二人が好きなお店でランチを楽しんだり。

 

おいしいね!!って顔を見合わせるとき本当にうれしくて。

ひとりで食べていてもおいしいけど

同じように感じている人が一緒にいることで

より多くの幸せな記憶が刻まれるような気がする。

 

奏多くんも、いつか本当においしい~!!って思える食べ物に

出会えるといいなぁ…って。

それを作ってくれる人と幸せな気持ちになってほしいな~なんて

余計なお世話ですが、思ったひとときでした。

 

ほんと余計なお世話だわおばちゃんだわ。。。