こんにちは。香里です。

 

3連休ですね。うちは全然関係ないですけど 笑。

子どもたちは部活で、夫は休みだけど図書館に調べものに。

朝が早すぎるため、私は休みの日は昼夜逆転生活です。

 

子どもたちをたたき起こして、送り出してからいっぱい寝る。

せっかくの休みがもったいないですけど。

暑くなくなってきたので、ブログ書いたら気になってるところを掃除しようかな。

 

 

すっかり熱が冷めた風情のポケモンGO

 

私の周りだけでしょうかね。

あんなに日本中で話題になってたのに、もう話のネタにもならないよね?

特に若い人とか全然興味ないみたい。

 

子どもたちに聞いてみたら

高校でも大学でも今やポケGOで楽しんでいる人を

見つけるほうが困難だといいます。

 

まぁ、確かにね。

いろんなゲームで遊び慣れてる世代だから

一瞬は懐かしのポケモンにハマってみたかもしれないけど

熱中するものたくさんあるもんね~。そんなに長くはもたないでしょうね。

 

ちなみに私と娘のスマホの機種は

古すぎてポケGO対象外 笑。どんだけ古いの…でもまだ3年半なのよ~!

まぁ、あんまりやろうとも思ってなかったので構わないんだけどね。

 

ところが

 

これまた私の周りだけかもしれないんだけれども

一点集中で熱くなってる年齢層があるのであります。

 

それは

 

中年男性

 

あ、いますいます。うちにも。一匹…いや、一人。

なんか異様にハマってるんですけど、どうしてでしょうか。

 

いや、ハマりすぎでしょ

 

最初、うちの自己中だけだと思ってたんですよ。

あの人は普段全然ゲームに親しむ人じゃなくてね。

時間の無駄だ、くらいに思っていて

私がLINEゲームで楽しく遊んでるとシラーッとして見ていたっけ。

 

それがどういうわけか

ポケモンGOはやろうと思ったらしく

子どもたちを誘ってたけど、二人とも興味がないと知って

やめるのかな~と思ったらみるみる熱中しだした。

 

そしたら、今まではめんどくさがって車を出してくれなかった

ところとかもマメに行ってくれるようになって、私はラッキー 笑。

人出の多いスポットにも珍しいポケモンがいるとかで

いそいそと出かけてくれるという素晴らしい効能。

 

ポケモンたちほんとにありがとう!

 

で、会社に行くと…

 

こっちはこっちで、揃ってハマっているという現実ね。

私のパート先は、私以外全員男性で

年齢層も夫とほぼ丸被り。

40代~50代に集中してるんです。

 

小さな会社なんで、そんなにたくさんいるわけじゃないんだけど

その少ない人数が

朝からみんな駐車場のところに座り込んでポケモン探し 笑。

 

私が横を通りかかると

 

『あ、今、笑ったでしょ!!』←全然笑ってない

『おじさんが揃ってポケモンやっててバカじゃないのと思ったでしょ!や、絶対思った!!』

いやいや、特に何にも考えてなかったけど、平和だな~とは思ったよね 笑。

彼ら、どうやら人目は気になる様子です。

 

なぜにミドル男子がポケモンGOにハマるのか

 

正直、ビックリしてるんですよね。

オトナがけっこうハマるんだろうな~とは思っていたものの

この人たちがこんなに熱くなるとは。。。

 

20代~30代前半とか、この辺はポケモンで育った世代だから

この辺にはヒットするんだろうなとは思ってたのね。

あと、今ポケモンを見ている子どもを持つ親世代。

30代後半くらいが多いのかしら。

 

それから、もう子どもは大きくなっちゃったけど

ポケモンを見てた子の親世代。私の年代前後くらい。

どちらにせよ、子どもがらみが多いんだろうなって思ってた。

ノスタルジー混じりみたいな??

 

しかし!

 

私の周りの熱中する人たちは…

そんなのあんまり関係ないみたい。

うちの夫なんかは、子育てに全然絡んでないから

ポケモンなんかピカチュウしか知らなかったはず。

 

いまや

 

会社ではいろんなポケモンの名前が飛び交い

出張があるとつかまえたポケモンの自慢が始まり

珍しいのがいたと言えばすかさず情報交換。

 

休み時間になればスマホやタブレット片手に近所を散策。

 

もうけっこうな時間たつけど

いまだ冷めやらぬその情熱はいったい。。。

どうした?みんな…。

 

男子だったころを思い出すんですかね?

狩猟本能が騒ぎ出すのかしら。

ゲームが単純なのもいいのかもしれない。無料だし。

ゲーム慣れした現役の子どもたちには物足りないようだけどね。

 

きっと、今ごろ夫も図書館の近くで探してるはず。

あ~出張やらなんやらで、この世代行動範囲が広いから

新しいのがたくさん見つかるっていう側面もあるね。

 

まぁ、普段忙しくしてるミドル世代が

こんなに楽しめるのってすごいね!なんて…

無理やりまとめてみたりして 笑。