こんにちは。香里です。

 

間もなく連休に入ります。今年はステイホーム週間ってやつですね。

もうすでに家のことや家族のことだけに関心が向いているので全然仕事に行きたくないです。

取引先も休業やテレワークが多くてあんまり稼働していないし。もうこのまま休みに入りたい。

 

関西に行っている息子にはもちろん帰らないように言っています。

でも連休が明けて緊急事態宣言が解かれたら一時帰宅するつもりみたい。(まぁ宣言は延長すると思うけど)

とにかく移動だとかいつもと違う人と関わるのは自分にも周りにも危険だと思うので何としても止めないと。

 

 

息子の気持ちはわかるけど

急な異動で大した荷物も持たないまま旅立った息子。

これがもう少し後だったなら、緊急事態だからって異動もなくなったかもしれないのにな。。。

ありがたいことに周囲にはとても良くしていただいているみたいなんだけど。ただ季節も変わるから一度は帰りたいと言っているんだよね。まぁこっちにいる彼女に会いたいんでしょうけどね。

気持ちはよくわかるし、私だってこんなときに離れてて心配だから帰ってきてほしいのはやまやまだけど…なにしろここは危険区域の神奈川県だし。息子が今いるところも似たようなもんなんだけど。とにかく今は動いちゃいけないと本当に思うので何とか説得しないと。

この連休は帰らない予定だって言ってるけどその先だよね。。。

 

殺伐とした雰囲気が漂う街

全国的にそうなのかもしれないけど、私のいる街はほんの少しの間にずいぶん雰囲気が変わりましたねぇ。

 

私が不安に感じてマスクを少しずつ買いだしたのは1月の半ばだったんだけど、その時にはまだ街の雰囲気はのほほんとしていて…本当に新型肺炎なんて流行ってきてるのかな~みたいな感じだったのに。

 

今じゃ、うかつにすれ違えないくらいな感じ。不用意に近づいてくる人がいると警戒しちゃうもんね。1月に買ったそのマスクもどんどん減ってきてるし。

あの時は自分でも大げさかな?とかちょっと恥ずかしく思いつつ買っていたんだけど。まさかそれが足りなくなる日がくるなんてね。あ、まだ少しあるけど。

いつもは雑なので、まぁいっか…ってやめちゃったりするのに今年に限ってちゃんとマスク買ってたおかげで息子にも1箱持たせられたのは本当に良かった。。。職場でももらえるそうなので困ってないらしい。

 

思えば私が去年自治会の役員をやっていた時の行事ってもろに3密でしかないって感じです。笑

今じゃとても実施される気がしないです。てか絶対しないで。といっても新年度自治会は事実上ほとんど機能していないみたいです。もう総会がどうのなんて言ってられる次元じゃなくなっちゃったからね。

なんか、自治会のあり方もこれから変わっていきそうな気がしますね。災害の種類にもよりますけど、今回の場合は特に今までのあり方では続けていけないと思うし。

 

東京に近い分、神奈川はかなりピリピリしている地域だと思うので…こんな状況を息子が見たらビックリするんじゃないかな。何とか帰らないように止めるけど。

だって、万が一自分が動いたことで誰かに感染を広げてしまうなんてことになったら取り返しがつかないし。県をまたいで移動するのはリスクが大きすぎる。自分にとっても危険だし。

 

本当は誰も悪くないのに

今じゃもう、近くで咳こんでたら(うちの社長みたいにね)一気に空気が凍るし、買い物に行って混んでるとうわマジか~ってなるし。でも…本当なら私たち誰も悪くないのにね。

 

パチンコ店がやっているだけで『…は?』って思っちゃうけど、本来ならば娯楽の一つで何も悪くないものね。お休みに出かけるのは楽しいことのはずなのに今じゃみんなで見張り合ってるっていう悲しさ。外食も行きたいけど行けなくてお店は苦境に立たされてる。守れないと共倒れだからピリピリしてるけど…そもそもこれはいったい誰のせいよ?って思うと悲しくなります。

 

まして、こんな状況の中リスクを覚悟で働いてくれている方々は何も悪くないどころかそれこそどうして!…って感じですよね。

 

マンションの自治会仲間の人とバッタリ会って『なんでこんなことになっちゃったんでしょうねぇ…。』ってお互いに言いあってため息ついちゃいましたよ。今こそ頑張って乗り切らなきゃいけないんだけど…好きだった志村けんさんや岡江久美子さんはじめたくさんの方が犠牲になってしまって本当にやりきれない気持ちです。

 

息子に会いたい!

絶対に来させないけど本当は今すぐにでも息子に会いたい。

いつもは意識して心のチャンネルを変えているのでそんなに思いつめることはないけど…一度本気で考えだすと泣けてきます。もしこの先自分に万が一のことがあるなら最後にもう一度だけ息子に会いたかったと思う。

心配させられてばっかりだったけど、本当に優しい大好きな息子だった。あれ過去形になってる。ほんと気弱か!笑

ありがたいことに、先日から心配していた母はただの風邪だったようで…疑わしい症状もなく終わったから良かったんですけど、本当に恐怖を身にしみて感じているのでちょっと気弱になってますね。

 

さいごに

つい泣き言を言ってしまったけど…今は泣いてるときじゃない。わかってはいるのにね。

これからも長い戦いになるんだろうから、淡々と自分の今できることをやるしかない。

 

いつかきっとまた自由に行き来できる時がやってくる。そう信じて毎日笑って生きていかなきゃね…。もともと引きこもりだけど、解放される日が来たら今まで行けなかったいろいろなところに遊びに行きたいな~。

しかしとりあえず私は娘の学費を何とか捻出しないといけない。笑

来年は本来のゴールデンウィークを迎えられることを祈って…その日を信じて粛々と生活しようと思います。

最後になりましたが、毎日恐怖と戦いながら働いてくれている方々本当にありがとうございます。あなたがたのおかげで今日も元気にいつもの暮らしができています。感謝の気持ちを胸に毎日をすごしたいと思います。