こんにちは。香里です。

 

今度は炭酸水が品薄になっているそうで…夏は炭酸水だよね~と思っているのでガックリしています。

でもなんで炭酸水なの?

不思議に思っていたら、製油所の閉鎖が起因しているというのでちょっと意外だった。なんでですかね~。

 

 

炭酸水の品薄の理由は製油所の閉鎖にある?

ネットのニュースを見ていたら製油所の閉鎖が影響しているとあったので疑問に思いました。なんでだ?

東洋経済オンラインより

製油所の閉鎖に加え猛暑もあいまって炭酸ガスの需要にこたえきれないようですね~

 

石油精製の際に発生する副生ガスには二酸化炭素が含まれていて、炭酸ガスはそれを原料に製造されているそうなんです。

ところが国内の石油元売り会社が次々に製油所の閉鎖をしているので、どんどん副生ガスが減っていて供給がギリギリになってしまっているんです。…マジか~。

 

炭酸ガスっていうのは炭酸水に入ってるあの液体の炭酸だけじゃなくて、固形のドライアイスもなんだって。

ドライアイスの需要が増えているのもあって品不足に拍車がかかりそうな勢い。

てかドライアイスって炭酸ガスのカタマリだったんだ…50もとうに過ぎているというのに知らないこと多すぎワロタ。

 

今年は梅雨明けてから猛烈に暑いので、需要もうなぎのぼりだとか。ほんと命の危険を感じる暑さだもんね。

このコロナの時期に大忙しとは…羨ましいような気もするけど欠品が続くようだとしんどいよねぇ。。。

 

炭酸水を好んで飲む人が増えている

Manfred RichterによるPixabayからの画像

以前に比べて炭酸水を飲む人って増えましたもんね~。かくいう私も近年よく飲んでますけど。

炭酸水好きの人が増えているのも品薄の一因なんでしょうね。

暑い夏が続くようになったせいもあって、ただ水を飲むよりも炭酸飲んで『…っかぁ~っっ!!!』みたいなね。

ちなみに一気に飲み干して雄叫び上げてる擬音です。笑

あの爽快感がクセになるのよね~。

前は炭酸水っていったらソーダ割りに使うもの~って感じがありましたけどね。炭酸水だけを飲む人は特別に健康への意識が高い人なんだっていうイメージでした。

 

だけど最近は種類が増えて、定番の炭酸水だけじゃなくていろいろな風味が楽しめたりするので、すっかり人気が定着しましたよね。

私の推しはサントリーの炭酸水です。もうこればっかり。

ウィルキンソンのもおいしいけどね。なんか水のあたりが柔らかい気がしてサントリーの炭酸水が好きなんです。

メーカーによって水の味わいとか炭酸の具合とかがけっこう違って面白い。昔はみんな同じだと思っていたんだけど…。

ネットショップでは早くも品薄の気配が出てきているとか。実店舗よりもネットショップの方が敏感に反応するもんね。

んでこんなこと書いちゃったら余計にあおるような感じになっちゃうのかも。いかんいかん。

…そして、じゃあソーダストリームを買っておこうかなんて思ったりしている安易な自分。。。

どっちにしても炭酸使うんだもんねぇ。

 

炭酸ガスメーカーは生産能力アップに全力を注いでいる

石油製品が減っていることや、製油所の老朽化もあってこれから製油所が増えることはないそうです。しばらくは苦しい台所事情が続くのかな。でも炭酸ガスメーカー各社は自社での生産能力向上に努めているそうだから今後は変わっていくでしょうね。

せっかく需要があるのに応えられないともったいないもんね。。。

 

さいごに

そして…こんなこと書いておいてなんだけど…せめてテレビで大騒ぎしないでくれと願ってしまう私。

テレビの影響力ってすごいよね。イソジンの時も思ったけど一瞬で売り切れるあのスピード感ときたら。

ちなみにイソジンは買いませんでした。ま、売ってなかったけどね。笑

 

なんか…今年は思いもかけない品薄続きの年ですね。

ほしいものが、自由に手に入るって全然あたりまえのことじゃなかったんだって本当に思い知らされる一年になりました。まだ終わってないけど。

いやほんと買い物できるだけありがたいですよね。感謝。。。