こんばんは。香里です。

 

暑さ寒さも彼岸までとかいうけど

だからってまだまだ暑いのはどうかと思うよ。。。

今年のお彼岸は、敬老の日の9月19日から25日だそうです。

まだしばらく暑い日が続くのかな。

 

今年は夏のくせに快晴が少なかったり

台風多すぎだったり

なんだかイレギュラーな感じだったね。

9月の声をきくと、気持ちはもう秋なんですけど。

 

 

彼岸花って食べられるらしい

 

アラフィフにもなってくると

ちょっとさみしい知らせも多くなってきて。

先日、親戚のおばさんが介護施設に入ったと聞いて

一緒に見に行った彼岸花のことをふと思った。

 

2~3年前とか思ってたんだけど

数えてみたらもう6年とか7年とかそんなだった。

日々が過ぎるのは本当に早いです。

赤と白の彼岸花がたくさん咲いてる公園に行ったんでした。

 

彼岸花って不思議で

ほかの季節には全然その存在が気にならないのに

突然ポッと咲いてびっくりします。

ほんとに遠目からだと炎みたい。

 

毒々しい朱の色が

不吉に思えるのか、彼岸花にまつわる言い伝えって

恐ろし気なものが多いですね。コワイ。

 

毒々しい見た目通り、実際に毒があるそうなので

子どもたちを近づけないためにいろいろ言われてきたのかもね。

でもびっくりしたのが、彼岸花って食べようとすれば食べられるんだってね!

彼岸花=毒 ってイメージなんだけどね。

 

彼岸花の毒というのは水に溶けるものらしく

念入りに水にさらせば食べられるんだそうです。

戦時中や戦後の食糧難には食べられていたみたいね。

 

本当に念入りに水につけないと毒が残っちゃうらしいので

興味本位で食べたりしないようお勧めします。

味もおいしくはないみたいだしね。

でんぷんが豊富らしいので栄養はありそうだけど…いや、やめとけ 笑。

 

想像を掻き立てられるあのフォルムと色

 

普段、本当に全然意識しないのに

秋、となると条件反射で思い出してしまう。。。

つい、ずっと見てしまう花って珍しいですよね。

 

私の場合

桜と彼岸花かな。見ちゃうんだよね~。

特に赤い花はずっと見ちゃう。花火みたいで。

フォルムと色がね。すごいよね。

 

なんか

 

執念とか未練とか怨念とか復讐とか!

そういったものを想像させられる。

人間の業、みたいなものが透けて見えたりして。

 

彼岸花の花言葉はこんな感じでした

 

気になったので調べてみたところ

彼岸花の花言葉は

 

悲しい思い出

あきらめ

情熱

想うはあなた一人

また会う日を楽しみに

 

などだそうで…あれ?おとなしくない?

もっとどろっどろしたやつを想像してた。

でもそう言われてみると合ってるかもね。

ちょっと素敵な花言葉じゃないですか?

 

もうすぐ彼岸花が咲くころだから

おばさんと一緒に行った田んぼの近くの公園に行ってみようかな。

そして、施設にいるおばさんに会いに行ってみよう。

彼岸花を持っていくのは怖いから、写真でも撮って持ってこ。