こんにちは。香里です。

 

ただいまつかの間のお休みです。

 

前はお休み長かったんだけど、年々社長が休みを減らしていくのよ。

 

ブラック度では夫の会社も負けないけどね~…なんだかなぁ。

 

そんな中とうとうやってきましたよ。アレが…。

 

奨学金の返還条件通知書がやってきた

 

 

何度も書いているのですが、息子は大学を中退してしまったのです。

 

↓息子の中退についてはこちら(ってみたい人いるかわかりませんが一応)

 

 

今年の3月いっぱいで中退したので、借りていた奨学金の返済が10月から始まります

 

第二種奨学金尾返還条件等通知書および口座振替(リレー講座)加入手続きのお願い

 

…長いよ~!こんなお手紙が来ました。

 

重要文書 とか封筒に書いてあってドキッとしますがな。

 

で、写真を…と思ったんですけどとうとうパソコンったら画像も処理できなくなってしまったようで、機械音痴の私には直す術もなく…すみません。

 

しょうがないので前から入ってるお金の写真でも貼っときますわ。笑

 

新しいパソコンを買ったら貼り換えますのでお許しくださいね。

 

このお手紙の内容によると、あらかじめ返済口座の登録は済ませておくもので、私どもはそれをしていないらしい!

 

自動的に引き落とされるもんじゃないのね…というか…私ショックすぎてちゃんと書類見てないんだ多分。

 

同封されていた申込書に記入して、日本学生支援機構 口座振替窓口行 と書いてある封筒で送り返すと振替の手続きができるようです。

 

返還条件の詳細は?

 

この通知書に、息子の奨学金の返還条件の内容についても書かれていました。

 

・利率見直し方式(年利率0.01000000%) 利率はおおむね5年ごとに見直し

 

・割賦方式 月賦

 

・残元金 1,200,000円

 

・返還回数 144回(12年)

 

・割賦金額 8,330円

 

・振替日 毎月27日

 

息子は2年生の終わりで退学したので、本来の約半額になりますね。

 

借りていたのは月5万円でした。

 

同じような条件で借りた方は、4年間だとざっくりでこの倍くらいになると思います。

 

改めて見直すと、あぁ…必死だったからろくに見てもいなかったんだなぁってつくづく思うんです。

 

利率見直し方式にしたことなんて覚えてもいなかったもんなぁ。

 

何とか、何とか大学を卒業してきちんと社会人になってほしいってそれしか考えてなくてさ。

 

この奨学金もこの何倍も払った学費や生活費、交通費その他もろもろ…は全部実ることがなかったのかと思うと思わず泣けてきます。いや、本当に。

 

だけど、あんなに勉強したことは無駄にならないし、かけがえのない友だちもたくさんできた。

 

往復6時間もかけて通って、部活も休まず本当によく頑張ったとは思います。

 

ただ初めからあまりに無理のある設定だったので、あの生活はやっぱり2年が限界だったんだろうな…。

 

当時高校生だった息子の希望をすべて飲んだのがいけなかったのでしょう。

 

親の責任…しっかりしていなかった私たちが悪い。

 

でも、息子ももう成人しているし、自分の意思で退学したのだから責任はしっかり感じてほしい。

 

きちんと返済してもらって、しっかりと定職についてもらうわ。。。

 

まとめ

 

奨学金の手続きはいろいろと面倒…と思ってきましたが、返済の段になると返済口座さえきちんと登録してそこにお金をきちんとプールしておきさえすれば手間なしです。

 

悲しくて退学後に届いた通知をきちんと読んでいなかったんだと思うんですが(10月から返済っていうのは記憶していたから読んだことは読んだのだと思われる…)卒業したら、このリレー口座の手続きをすぐにしておけば、あとはしっかり返すだけですので難しいことはありません。

 

最近では娘が受験生なのでそっちのことばかりになってますが、成人していたって息子のことはいつでも心配。

 

正直、一連の退学騒動の時は心が折れるどころか砕け散りましたからね…。笑

 

でも、自分で学校をやめて社会に出るって決断したのだから本当に頑張ってほしい。

 

私も親として、社会人の先輩として、もっとしっかりするように頑張らないとなぁ…。