こんにちは。香里です。

 

先日娘が無事に大学の入学式を終えました。…実は娘の学校の入学式はとっくに終わってるんですけどね。

そのあとちょっといろいろあって、遅くなってしまいました。

 

娘にとっては緊張の極みだった入学式ですが、天気も良くてとてもいい式典でした。

今日は大学の入学式の話を。。。

 

 

大学の入学式 桜満開でとても素敵でした

 

お天気も良く暖かかったし、キャンパスも広々と気持ちよくて…桜も満開でとても素敵な入学式でした。

午後からは曇ってきて急に寒くなっちゃったんですけどね。

 

幼く見える娘ですが、スーツを着てメイクをするとそれなりに大学生に見えるものなんだと思いました。本人は『ヤバい…ほんとにおしゃれでかわいい人ばっかり。マジ気まず!!』とか言ってビビってましたけど。笑

 

長くてつらい受験勉強の日々を乗り越えて、この日を迎えることができたのは本当に幸せなことだと思います。それをそばで見ていられる自分…本当にありがたい。生きていて良かったと心の底から思いました。

 

大学の入学式で失敗したこと1 到着時間

入学式の開始が10:30で、会場が9:30だったんですね。

で、9:00前に着いておこう、とギリギリ派の私にしては珍しく早めに出たんですよ~。慣れないヒールで満員電車に揺られて頑張りました。久々の満員電車…意識が飛びそうでしたけどね。←毎日通ってる方尊敬します。

 

 

全然早くなかった。。。

 

だってさ、入学式の1時間半も前に着いたんですよ~。なのにもう校門の前や入学式の看板の前で写真を撮るべく、大勢の新入生と家族が列をなしているっていうじゃないの。

うそでしょ~!息子の入学式は武道館だったから、はなから看板の前で写真撮ろうとか思ってなかったもんな~。みんなこんな早く来るもんなの?ビックリ。

 

娘の大学はキャンパス内で入学式なので、せっかくだから早く行っていろんなところで写真を撮りたいな~って思ったんです。もちろん夫は入学式に出席しようとはしなかったので、同行する私がその分いい写真を撮らなくちゃなんて思いながら行ったんですけどね。でもな~こんな早く行って親バカかなぁなんて思ってたら全然!全然ですよ。

 

高校の卒業式でも思いましたけど、保護者の数多い!しかも父も祖母も祖父もきょうだいも来てたりとかね。ヤバいってみんなすごすぎだから。。。

 

すっかり圧倒された私たち親子でしたが…いやいや、でもせっかく来たんだからこの列に並んでやろうではないか!と思いなおしました。早めに来たからさすがにそこまで長蛇の列ではないし…並んでればそのうち順番来るだろ~って。だって記念だしね。

 

ところがぜんっぜん進まないんですよ列が。それでもちょこちょこと進みながら30分も並んでいたでしょうか。もうすぐ開場しちゃうから早く進んでくれないかな~って思っていたら大学の関係者の人がプラカードもってやってきたんです。

 

そのプラカードに『ここから写真撮影まで60分待ち』って書いてあるんですよ。マジか。。。入学式始まっちゃうじゃない。保護者席は特に早く満席になってしまうっていう話を聞いていたので早く会場入りしようと思っていたのに。。。

え?じゃあ、この後ろに並んでいる遥か後ろまで続く列の人たちはいったい???

 

ハッ、これは午後の部の人々ってわけですか。。。ダメなのね。都会の大学は1時間半くらいじゃダメだったのね。。。

 

しかもよく見れば、校門前に並ぶ列のほかに入学式の看板の前にも列ができている。完全にリサーチ不足でした。これは思いっきり早めに来て並んでまず記念写真を撮ってから入学式に出るか、もしくは入学式が終わったら親がすぐに出て並んで順番待ちをするとかしないといかんやつですね。そして、人数は多いほうがいいんだな~と思いました。

 

まぁそこまでしなくても、キャンパス内でいくらでも記念になる写真が撮れるしね。ということで記念写真は諦めました。ちょっと残念でしたけど…。

 

そこかしこに桜が咲いて、とてもきれいだったのでたくさん写真を撮りました。これで十分入学の記念になります。

ふと思ったけど校門の前の写真だったら、成人式みたいにサクッと前撮りするのもありかもね?看板前は当日じゃないと無理だけど。

 

学習したので、卒業式は夫にもしっかり出てもらおうと思います。ただふらっとどこかへ行ってしまって肝心なところで写真撮れない…なんてことがありそうなのがちょっと怖いんですよね~。

 

大学の入学式で失敗したこと2 服装

あ、娘じゃなくて私の。服もそうだけど主に靴ですね。笑

 

娘に関しては、本人の希望どおり完璧に周囲に溶け込むことに成功しました!浮いてしまうことを何よりも恐れていただけに相当ホッとしていましたわ。

 

入学式のスーツを選ぶ時も、浮かない!目立たない!が一番大事だった娘です。。。

まぁ周囲に溶け込むことで安心してなじめるというのはあると思うのでそれもいいのかなと思います。

制服がないのがつら~い!と言ってます。毎日スーツ着て行ければ楽なのに!だって。そのうち私服にも慣れるんでしょうけども。

 

親の服装は思っていた以上に千差万別というか、まぁ人それぞれでした。ほんとこれはビックリした。都内だしおしゃんなイメージなので、保護者の人も雑誌に出てくるようなすごい装いだったりするのか?と娘ほどじゃないけど私だってけっこうビビりながら行きましたからね。ええ、いなか者ですから。笑

 

ふたを開けてみれば、ザ・王道って感じのフォーマルスーツを着た保護者の方もいれば、幾何学模様のニットに大きめのネックレスみたいなお母さんもいました。もちろんため息つきたくなるようなきらびやかでセレブ仕様の奥さまもいたし、普段使いのブラウスやパンツを組み合わせてスーツっぽく仕上げてる方もいました。お父さんたちはビジネススーツが大半でしたけど、中にはジャンパーやジャージなど軽めの服装の人もいたりでいろいろ。

 

意外だったのは、内部生のお母さんたちが思いのほかカジュアルだったことでした。

ため息モノのセレブ奥さまもやはり内部生のお母さんのようでしたけどね。でも授業参観かい!ってツッコミを入れたくなるような軽~い服装の方も意外にいたの。あ…この環境に慣れてるからそんなに気張らないのね。なるほど。

 

保護者席はけっこうなカオスでした。服装においてですけど。

 

こ、これは…。

 

要するに、なんでもいいのね!!!

 

ちなみに私はですね…柄ものワンピースにスーツのジャケットを着て行きました。息子の時も同じような恰好で行ったのでもうこれでいっか!って感じで。ヒールと催事用に使っているバッグで式服感あげよう…と思ったけどやっぱり慣れないヒールは長時間履いてるとしんどい!乗換駅の通路が長すぎて泣けました。きつかった。。。

 

娘の学校は大きな講堂があって、新入生は一階に座り、保護者はぐるっと観覧席になっている二階席に座ります。入りきらない保護者は、新入生の後ろに席が設けられているのでそこに座ります。新入生も保護者も入口で離れたら次に会うのが大変。数千人収容できるっていうのに式の30分前には二階の保護者席はほぼ埋まってしまいます。

 

あ~これ…私がどんな靴履いてたって誰も見てないし、なんならもっと軽い服装でも全然大丈夫だった。慣れない靴履いてくるんじゃなかった~と激しく後悔しました。笑

でもこればっかりは行ってみないと雰囲気わかりませんからね。

 

まとめ

大学の入学式って学校によって全然違うんだな~と実感しました。

全般にこんなふう…といった傾向はあるものの、個別のリサーチって大事!と思ったできごとでした。

 

めちゃくちゃ疲れましたが、行ってよかったです。

ほかにも感じたこと、いろいろあるので追記したり別に書いたりするかもしれません。