こんにちは。香里です。

 

昨年、実家の父が介護認定を受けてから休みの日はなるべく実家を訪ねるようにしています。

これまで子供のことにかまけていて両親の老いに正面から向き合ってこなかったのですが、ここへきて向き合わざるを得ない状況になってます。

 

いや、なにしろ未知。無知。自分が。わからないことが多すぎて。ほんと手探りです。

 

 

保険って80歳満期?高齢者はもう保険に入れないの?

先日実家に行ったら母が『これ、ちょっと見てほしいんだけど…。』と出したのが父の医療保険。共済のものなので掛け捨てで少額を支払っていたらしいんですけどそれが満期を迎えるというんですよ。

 

父は今年80歳になります。早い…80歳って遠いイメージだったけどほんとあっという間だね。自分も50過ぎているんだからあたりまえなのに改めて数字で見るとショックを受けてしまう。

 

んでその保険、今までは2,000円台の支払いだったけど、満期が来てそれを更新すると今度は5,000円くらいの支払いになるって書いてある。老人にとっての5,000円…高いよね。貴重な年金なのに。

でも、年齢が上がるにつれて医療費は確実にかかるわけで。父は今のところ身体的にはとても元気。認知に問題アリで要介護1なんですが。医療保険ってこの先、必要?どうなの?

 

というのもこの保険、80歳以降の補償内容がめっちゃ薄くて…入院時なんて一日1,000円しか出ない。ほかもほんと申しわけ程度にちょこっとついてるだけで…これで月々5,000円は…う~ん、とうなってしまう内容なんです。

あ~私、今まで嫁に出た身という遠慮もあってあまり深く聞くことをしてこなかったんですけど…きちんと聞いておくべきだった。いろんなこと。

 

いつの間にか親は年をとっていて、以前は電話の勧誘に乗ってめんどくさい契約をしちゃっていたし。

 

実家の母が光コラボに入らされた件

 

この保険のことだって、もっと早く知ってれば…と思う。若いうちなら終身の安い保険に加入できただろうし。どちらにしても病歴があるから微妙かもだけど。でも今気づくよりは策があったんじゃないかなって。

今回慌てて調べてみて感じたんですけど、80歳以降に加入できる保険や共済って本当に少ないし掛け金も高い。そして高いわりに心細い補償内容だったりする。

リスクが格段に上がるから仕方がないんでしょうけど、こんななんだ…。改めて驚いてます。

 

私が特別のんびりしているのかもしれないと猛反省。自分の入っている保険もちゃんと見直さないといけないと思った…。子供が小さいうちに夫が亡くなったら大変だからとそこは必死で確認していたけど…。その先の自分たちの老後のことなんてあんまりちゃんと考えてなかったです。満期がいつだとか払い込み終了時期とか考えて加入していたわけじゃない。人並みに保険に入っていないとって感じで…だいたい人並みってなんなんだ。

 

80歳以降に保険は必要?

しかしそもそも、80歳以降に高額な保険は必要なんでしょうか。

後期高齢者なので、医療機関を受診した場合の自己負担額は少額で済みます。入院や手術になった場合でも高額医療が使えればそこまで負担は大きくないのか?ただこの先本当にいつ何があるかはわからない。大きな病気をしたり、認知症が進んだり、長期入院したりした場合はどうなるのか見当もつかないです。

年金暮らしでときどきバイトをしながら細々暮らしている両親。貯蓄もあまりないんだと思うし。

これも聞きにくいじゃないですか。でもある程度把握しておかないとこれから困る場面が出てくるだろうな。

 

限られた大事なお金。どこにどう使うのが一番いいんだろう。

 

親にとっても自分にとっても初めて直面する『老後』。子供の自分だって潤沢な資金があるわけではなく、それどころか教育費でアップアップしているんだからね…。

親を支えていくための健康に自信があるわけでもない。更年期であちこち調子悪いし。でもちゃんと向き合わないとダメだよね。。。

ちゃんと考えないと共倒れになってしまう。弟と相談しながら(これがまた頼りない…)両親を支えていかねばならぬ。

 

早急に今後の保険を見直し予定

父の医療保険の満期が来たとき、戻ってくる金額は7万円ほど。この金額、保険料を払ったと思って貯金したら1年ちょっとで貯められるわけですよね。一方この保険料は掛け捨てですから何もなかったら捨てることに。

少額でも貯蓄をしていったほうが、いざというときに役に立つんでしょうか。

払ったつもりで、貯金をするのか?両親は。。。

満期で戻ってきたお金をベースに貯金をするのがいいのか、少しでも保険に加入して安心を手に入れたほうがいいのか?そもそも安心を得られる内容なのか?

悩みは尽きません。ほんと無知って罪だよね。

 

さいごに

さいご、っていうか最初だよね…。今からしっかり考えていきます。

今まで自分が娘の立場でいたくって、なるべく見ないようにしていたこと一つずつきちんと見直していかなければ。

父が認知の状態は今とても安定しています。薬は使用していないのですが本人も母もとても頑張って生活しているので認知症が進んでしまったという感じはありません。

この半年、父としっかり向き合ってきたことでわかったことがたくさんあります。知らないことは本当に怖い。きちんと知ることで老いと共存していけたらと思うこのごろです。

 

お金や保険のことについてもこれからきちんとサポートしていこうと思ってます。いくつになっても初めてのことばかり。人生って勉強し続けることなんでしょうか。難しいね。