こんにちは。香里です。

 

私はわりと最近知ったんですけどツイッターですごい人気なんですってね。

『100日後に死ぬワニ』っていうマンガなんですけど、どうにもこうにも気になる。

ワニだけどズボンはいてて、とりたてて可愛くもカッコよくもないワニくん。

とうとう明日が100日後なんですけど、どうなるんだろうな~。てかタイトルがもうね…。

 

 

平凡すぎる毎日が突然終了する?

ワニくんはどうやらフリーターで若者らしい。。。最初カエルかと思った。緑だから。笑

すみません。私ツイッターにログインできなくなっちゃったので埋め込みできないのですがリンクしとく。

100日後に死ぬワニのツイッター

本当に平凡な退屈なと言ってもいいような毎日のことが描かれています。ありふれた毎日。

私はツイッター好きの娘に教えてもらったんですけどね。最初ふ~ん…って感じだったのが、だんだん『その日』が近づいてくるにつれて気が気じゃなくなってくる不思議。。。

 

のんきに喜んだり凹んだりしてるワニくんを見てるとハラハラしたりイラっとしたり。笑

娘も『あのワニ全然カワイイとか好きとか思わないのに、なんか日に日に悲しくなっちゃう。』なんて。

私なんかわりとイラついた目で見てましたよ。自分と同じくらい怠けがちでなんにも考えてないからかな。

 

ワニは自分だと思いながら見ている

そうだよね。ワニくんは自分自身なんだと思う。私はそう思って見ているし、誰にとってもたぶんそう。

みんな毎日目の前の本当にささいなできごとに一喜一憂して生きている。

スポンサーリンク

名前もあるようなないようなワニが、寝たり食べたり働いたり悔しがったり大笑いしたり。確約されているわけでもないのに遠い日のことを夢みたり安請け合いしたり…。実際は一年後のことどころか明日のことさえ約束なんかされていないのに。

だけどいつでも明日はあるって信じなければ普通には生きていけないんですよね。実際はなかったとしても。

 

カウントダウンで浮かび上がる人物像(ワニだけど)

100日って日にちが絶妙だなって思いますよね。3ヶ月とちょっと。作者さんすごいな。

ほんの少しの時間ではあるけど、それなりにいろんなことができる。ワニくんの生活を知るには十分な時間。

しかも本人はまるで知らず、見ている読者だけがハラハラしながら見ているって設定が秀逸ですよね。

だってこのカウントダウンの日付を外したら途端に全然面白くないもの。笑

まぁ普通に見ていても日に日に情がわいてきて、なんか可愛いな~と思ってしまうようなワニくんなんですが。あぁ、こんなこと言っているうちにもう当日が来てしまうよ。どうしよう。

 

誰にもその日は突然やってくる

いつ、どんな風にその日がやってくるかなんてまるでわからないまま生きているんですよね。

だけど前もって知りたいとも思わない。いや全然知りたくない。

だってその瞬間まで希望を持っていたいからね。でも実際のその日は本人の希望を打ち破るような不条理なものであったりすることも多いんだけど。

 

常にその日を意識しながら生きていかなければいけないってことをワニくんは教えてくれている気がします。

まだまだたくさんの持ち時間があるつもりで、うかうかと無駄にしている時間の多さに気づかせてくれる。

 

どうか最後は救いのあるものに

それにしても気になる。ラストはどうなるんだろう。。。

作者さん、どうかどうか救いのあるラストにしてください。お願いします。

世界中が予想だにしなかった緊急事態のなかにあって、みんないろんな形で傷ついている。今シュールでシビアなラストに耐えられる自信がないよ~。

最後までワニくんの小さな暮らしが平々凡々でのどかで優しいものでありますように。

明日は私にとって特別な日だから、どうかショックでつぶれてしまうようなラストにしないでぇ…。