こんにちは。香里です。

 

見上げればきれいに晴れた空、初夏を思わせる風は頬に優しくとても素敵な陽気だというのに…私の住む街はどこか殺気立って不協和音が鳴り響いているような雰囲気です。(あ、この週末は荒天らしいですけど)

 

いつになったら落ち着くんだろうね。。。まだこれからなんだろうか。

有名な人たちも次々に感染しているという。高齢の親たちのこと、離れて暮らす息子のこと、自分たち家族のこと…考えても考えても心配は尽きない。けど何ができるわけでもない。

 

知事たちの会見が相次いで行われたので、私が通っているスーパーもまた一気に棚がスカスカ。。。せめて本当に必要なものだけは不安なく手に入る状況に早くなってほしいな。

 

 

会見のあとのスーパーの棚がスカスカだった件

都知事の夜の会見のあと、心配になった都民の人たちが夜のスーパーに行列してたらしい。。。んでその情景をまたテレビが延々と放送してスッカスカになった棚をアップで映すのよね~。

買い占めです。大変です。こんなんなってます。みんな落ち着いてください。買い占めはバカげてますよ。

…いやいや、その絵面こそが何よりも不安を増幅させてるんだってば。煽ってるのと同じ。

そして私たち一般市民はいとも簡単に踊らされる。

『困りますよね~。いたずらにパニックにならないで冷静に対処してほしいものです。』とかコメントしちゃってマジ草。あの映像を見て明日さらに多くの人々がお店に殺到するとは考えないんでしょうか。

スポンサーリンク

私は不安になるよ。言葉なんか耳に入らない。空っぽの棚はものすごいトラウマになりますから。必要なものが買えなくて家族につらい思いをさせたくない…そう思えばつい、いつもよりもたくさん買っておこうか…ってなりますよ。しかも週末外出を控えてくれというならなおさら。

 

スーパーで周りを見回しても同じものをバカみたいに買い占めている人って実はそんなに多くないんです。ただいつもよりもいろいろなものを買っている。みんながいつもよりちょっとずつ多く買うだけで簡単に需要と供給のバランスは崩れるものなんですよね。ペーパー騒ぎのときも思ったけどやっぱりそう思う。私は。

 

買い占め狂騒曲 サラリーマンは走る

神奈川県知事の黒岩さんが『今週末の外出を極力控えてください』といった日の夜のこと。

私は父の病院の付き添いをして、そのあと市役所で手続きの付き添いをして、自宅に帰る途中だったんですけどね。

会社帰りのサラリーマンが、発車寸前の電車に駆け込み乗車をしようとしていてその両手にはトイレットペーパーとティッシュペーパーとその他もろもろの日用品。

大荷物で走る姿はちょっと異様でかなり目立ってました。奥さんに言われて大急ぎで買い物して家に帰るところだったんでしょうか。半笑いで陰口を言ってる人もいたな…。でもあれを買い占めって言ってしまうと必死なあの人が気の毒だなと思ってしまった。

 

そのあと自宅の近くのスーパーで買い物をして帰ったんですけど、もう既にトイレットペーパーの棚はすっからかんでしたよ。何かあるとすぐにトイレットペーパーなんだね。笑

ちなみに今回ティッシュペーパーはありましたよ。お米も大丈夫だった。パンも品薄だけどなんとか。カップ麺とか袋麺も減ってはいたけどあった。肉は安売りのものはなかったけど値段が高めのものは残ってた。

でもね、納豆はなかったの。特に私の愛してやまない朱色のやつはいっつも品切れ。なんでよ。。。

 

土日、出かけるのやめよう…そう思うとついあれもこれもと買ってしまいます。となりで購入品を詰めていた夫婦は『1万5千円も買っちゃったね。』って言ってた。すげ。

 

不要不急の外出を控える、の線引きは

首都圏で飛び交うのは不要不急の外出を控えましょう…すっかり聞きなれたこの表現。

でもこの不要不急の判断は個人に任されているわけで。人によって温度差も激しいじゃないですか。全然考えない人だっているし。不要不急ってけっこうあいまい。すごく悩む。

両親のことが心配だし、こんな情勢で心細いだろうからそばにいてあげたいけど…特に急いで何かしなければいけないわけではないから今週は行かないほうがいいのかな。

自分がウィルスを運んでしまうのも怖い。全国的にもけっこう危ない神奈川県だしね。

スポンサーリンク

今週末は行かないことにしようと思う。天気も悪いそうだし言われる通り家にいよう。週末に荒れ模様なのは感染拡大防止に役立つかもしれないね。

 

 

先日、父の病院の付き添いをしたときに道に咲いていたこれは何だっけ。マーガレット?

日を浴びてとてもきれいだったので撮っちゃいました。

こんな不安な中でも春はやってきて、こんなに可憐に花を咲かせてるんだと思うと心にも小さく灯りがともる。

どうか、父とこうして歩ける日が一日でも長く続きますように。

今、苦しんでいる人たちが早く元気になりますように。