こんにちは。香里です。

 

ツンデレが好きすぎるあまり、ラブリランの特別編にど~っぷりハマってしまい…とうとうマンガにも手を出してしまいました。あ~現実逃避ってなんでこんなに楽しいんでしょうか。笑

 

ドラマの町田くんはクールで目元涼しくあ~カッコイイ~!って感じでしたが、マンガの町田くんはちょっとテイストの違うツンデレでこっちもなかなかにおいしかったです。う~ん…書いててイタいわ…我ながら。汗

 

電子書籍でサクッと入手することにした

本屋さんに探しに行くのもめんどくさいし、ネットで買って届くのを待つ時間ももどかしいので…ここは楽天koboの電子書籍一択ってことでサクッと入手しました。意外なことに2巻で完結だったんですよね。5~6巻あるのかと思ってたけどわりと短い話なんだね。なもんで思ったより安くて嬉しい。ポイント使ったら2冊分200円くらいで買えてしまった。楽天ポイントがそのまま使えるので、楽天ヘビーユーザーの私はときどき使ってます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラブリラン(1)【電子書籍】[ 天沢アキ ]
価格:231円 (2020/6/23時点)

楽天で購入

 

ラブリランは天沢アキさんのコミックが原作です。設定がドラマとけっこう違うのでまったくのベツモノとしても楽しめるのがイイよね~。

 

さやかちゃんの名前もドラマではさやかだけどマンガではサヤカ。名は体を表すっていうけどたしかにイメージに合ってるなぁと思った。ドラマのさやかちゃんはどこかふんわりしたイメージだけど、マンガのサヤカちゃんはガチオタっぽくて面白い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラブリラン(2)【電子書籍】[ 天沢アキ ]
価格:462円 (2020/6/23時点)

楽天で購入

 

ダウンロードして2時間くらい没頭して一気に読んじゃった~。あ~すんげ~楽しかった。

息子が帰っていった寂しさをマンガで癒す50代主婦ってどうよ…処女メンタルどころのイタさじゃない気がする…。

いいじゃん現実逃避バンザイですよ~。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

マンガの町田くんのツンデレについて

ドラマの(古川雄輝さんが演じている)町田くんにリンクしてるところもあるけど、マンガの町田くんはちょっと種類が違うツンデレでしたな~。笑

う~ん…ドラマの町田くんはクールに突き放して優しく見守るみたいなイメージだけど、マンガの町田くんはちょっとウザめにちょくちょく口出してくるみたいな。

好きな子についついちょっかいだしては心にもないセリフを吐いて『何を言ってんだオレは…。』的な感じの人でした。マンガではイケメンって設定ではないみたいですね。ちょっとチャラそうでイジワルでモテる人。ドラマの町田くんにはチャラいイメージないですもんね。年下なのに頼れて仕事もできるって感じで。

マンガの町田くんのほうはちょっとかわいい感じ。こっちの町田くんも仕事はめっちゃできるみたいだけどね。

 

ドラマとマンガの設定どこがどう違う?

一気読みしたばっかりなので細かいところまで把握できてないかも。

・さやか(サヤカ)の職業⇒ドラマはデザイナー マンガはSE

・町田の仕事⇒ドラマでは同じ会社の営業 マンガでは同じ会社の後輩SE

・記憶をなくしていた期間⇒ドラマでは3カ月 マンガでは1カ月

・さやかの片思い期間⇒ドラマは15年間 マンガは10年間

2人にかかわる大きいものはこのへんかな?ほかの登場人物の設定も全然違ったりするけど。

 

職業はマンガのほうがサヤカに似合ってる気がします。さやかの職業は華やかで自分の女子力にコンプレックスを感じているさやかにとっては職種がちょいキツそうで見ててつらい。一方サヤカの職業は自分の得意分野をぐっと伸ばしているようなのでいい感じ。

町田くんの仕事っぷりはどっちもカッコイイ~。

私はビジュアル的に冷静でクールなドラマ町田くんの方が好みです。あの声がギャップ萌えなんだよねぇ。童顔に渋い『あぁ…』っていうのがたまらん。マンガは声が聞こえないからさぁ…絵から想像している声がチャラめなんだよね。

 

記憶をなくしていた期間は3カ月と1カ月ってこれはけっこう印象が違いますよね。

実際3ヶ月分の記憶がまるっとなくなったら大変だよね~。

でも愛をはぐくむ期間としては1カ月だとちょっと弱いかな。ただマンガの方はもともと町田くんのことを知っていたからそこも考慮に入れないとね。ドラマでは自分の記憶をなくしているところで転職してきているから、気がついたときには知らない人のうちにいた…っていう衝撃がすごいよね。

まぁ、どっちも想像しにくいけど。笑

片思い期間は10年の方がしっくりきますね。私は。大学時代からっていうほうがありそうな感じ。

さすがに中学時代から15年っていうのは…中村アンちゃんが泣きながら言ってても『いやいやいや、ないよ。こんなかわいい人ほっとくとかおかしいじゃん。』なんて無意識にツッコミ入れてしまうんで。

 

ラブリランのマンガを見終わった感想

ドラマとは別のカップルの恋愛を見るような楽しさでした。すっごく楽しかった~。

ちなみに亮ちゃん(マンガでは鷺沢くん)のキャラが違いすぎてビックリでした。設定そのものが全然違うじゃん。しかし大谷亮平さんはどんな役を演じても大谷さんって気がしてしまうのはなぜだろう。。。もれなくワイルドになるっていう。笑

どっちかっていうと私はマンガのさわやかイケメンの鷺沢くんが好みかな~。

 

ドラマのラブリラン特別編(再放送)は途中で放送終了になっちゃったので、私は結局Huluで残りの3話を見て、たまらずその後1話からぶっ通しで見てしまいました。…ってどんだけ見れば気がすむんだろうね。

↑ ドはまりしたときの話。。。

そしてその勢いでコミックを楽天koboでポチって一気読みっていう流れですよ。マジメにイタい。。。(>_<)

現実は厳しいけれど、マンガやドラマは楽しいな~。はぁ。。。