こんにちは。香里です。

 

横浜市で行方がわからなくなっていたアミメニシキヘビが発見されたそうです。

飼い主さんが住んでいたアパートの屋根裏だって…。ビックリ。

アミメニシキヘビって毒はないけど、巻きつかれたら死んじゃうって聞いてビビりまくっていたのでホッとしました。近所の人は毎日怖かったでしょうね。ほんと良かったです。ヘビも元気だそうで良かった。

 

ニシキヘビは屋根裏にいた

Karsten PaulickによるPixabayからの画像

 

どうやって抜け出したのか知らないけど、飼い主さんの住んでいたアパートの屋根裏に上って骨組みに巻きついていたんだそうですね。

いなくなったのが6日だっていうんだけど、今までエサとかどうしてたんだろう。

しかし…灯台下暗しとはよく言ったもんだ。

外でヘビを見かけたって情報を全然聞かなかったもんね。でもネットのどっかで『柏尾川で泳いでるヘビを見た』って言ってた人がいたんだけどな。笑

ヘビってその辺にけっこういるもんなのかも。ここ数十年私は見たことないけど。

↓ ここで昔ヘビを見た話、書いてます。

ニシキヘビが逃げた話

 

日常って普通に怖いものだ

でも日常と恐怖は隣り合わせですよね。

だってさ、同じアパートに住んでる人たちは2週間とか?それ以上屋根裏にヘビがいる状態でいつもの生活してたわけだもんね。このアパートにあと何人住んでるのか知らないんですけど。

まぁ、もちろん警戒して暮らしてただろうけども、意識は家の外に向いていたと思うんだよね。

屋根裏ってコワ…。アパートがどういう構造になってるのかわかんないけど急に排水口とかから顔出したりなんてことはない?

いや、怖い。ほんとおそろしいですよ。日常生活にそんな危険が潜んでたら怖すぎる。。。

 

実は家にもっといっぱいいた件

あとね、この飼い主さん爬虫類マニアみたいで、このアミメニシキヘビのほかにも4mもあるヘビとかワニとかまで飼ってたっていうじゃないですか。

隣の部屋にワニいたらめっちゃ怖いよ…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

あ、今はもうみんな爬虫類ショップだったか?に譲渡済だそうです。

そして飼い主さんも引っ越しされたそうです。

こんな大騒ぎになったからもう住めないし飼えないってことだろうけど、こういうことがなかったらこの人のおうちは部屋中に爬虫類がいっぱいいたわけですよね。水槽だとかケージに入っているとしても。

で、日中は仕事をしてるからその子たちだけで待ってるんだよね?

あんまり想像したくないですけど。。。オソロシイ。

 

とにかく本当に見つかって良かった。

ヘビも元気で本当に良かったです。だって本当にヘビには何の罪もないんだからね。

 

飼いたいから飼ってしまってもいいのか問題

私も動物大好きだから、飼い主さんの気持ちがわからないわけじゃないです。

飼いたい気持ちすごくもわかるけど…身体も伸ばせないような生活で飼ってる子たちは窮屈だったんじゃないのかな。

それに、届けを出したからといって抱っこして堂々とお散歩に連れていけるような生き物ではないし…。市から飼育の許可は出てもアパートでは許可されていたのかわからないですよね。

飼っていることも周囲には言えないような状態だったのではないかと想像します。

家にいつもいてほしかったんだろうけど…自分がショップや飼育施設に赴いて楽しむんじゃダメだったのかな~。

一人でたくさんの爬虫類(しかもでっかい)を飼うのは大変だっただろうし。管理も厳重にしないとだし現に逃げられちゃってるしね。

でもこの方に限らず、こっそりと驚くような生き物を飼っている人って意外に多いのかもしれない。

いや~でも久しぶりに顔が引きつったニュースでした。コロナ以外で。

捕獲されたアミメニシキヘビ、どうなるのかな。どこかで幸せに暮らせるといいですけどね。