こんばんは。香里です。

 

とうとう会社が始まりました。

一日でドッと疲れましたね。こんなにストレスフルなものだとは。。。

社長に静か~にキレてた私です。指示!!そのイカレた指示は何とかならんのか。

 

でも、行ってしまえばこんなもんさと日常にすぐ戻れるもの。

今年は文句言ってられないので、ちょっと気合入れます。

 

 

突然のニュースにショックを受ける

 

3時のお茶の時間にスマホを見たら

いきものがかり、活動一時休止のニュースが。。。

ショック。いきものがかりと共にあった10年だったのに!!

紅白で聖恵ちゃんが歌う姿にうっとりしたばっかりだったのに!!

 

身近すぎて、もう空気みたい。

ずっと前からいきものがかりが大好きです。

娘も好きなので、小田急線の駅にオルゴールが導入されたときは

わざわざふたりで聴きにいったなぁ。

 

上りと下りと音が違うので、何台も乗らない電車を見送って。

駅のホームにオルゴールのさくらがひらひら舞い降りるの、楽しかった。

小学生だった娘は今、水野くんと山下くんの高校の後輩になったので

高校に通うときは、いつも駅でオルゴールを聴くようになりました。

 

グループって…いつかは休止や解散があるだろうとは思ってるんだけど

そういうニュースはいつも突然。ショックすぎる…。

戻ってくるよね。放牧なんだよね。ひとりひとりを満喫したら3人に戻ってね!

 

いつも励ましてくれた歌声と音楽

 

いきものがかりが登場したときは、本当に驚きました。

私たちの住んでいるこの街って…なんかこう特徴がないというか

高級感はないし、田舎なんだけど便利は便利って中途半端な感じなんですよね。

街がきれいなわけでもないし。

 

それなのに、この街が歌に!!っていう驚きだよね。

このいつも眺めてる小田急線の景色がこんなにもきれいな歌に!!っていう 笑。

厚木も、海老名もどっちもまぁそんな感じで。海老名の方が田舎だったけど。

 

ガチな地元だったものだから、ほんと応援してたの。

え?〇〇小でいきものがかりだったの?あの道通ってたんだ…って感じね。

 

ほどなく私は病気になって

今まで元気だけが取り柄だと思ってたのに、突然がんだと言われ。

見える景色は本当はいつもと同じ、のんびりとちょっと埃っぽい感じなのに

今までとは違う、何かが挟まったような景色に変わってしまいました。

 

小学生の子どもたちが大きくなるまで見届けられるだろうか。

こんなに元気だけど、一緒に年をとれなくなるかもしれないのか。

 

そんな時に、病院のベッドでYELLを聴いたんです。ちょっと涙が出たけど

元気も出た。私は絶対に子どもたちが大きくなるまでこの目で見届けるぞって。

伸びやかな聖恵ちゃんの歌声が、励ましてくれているようで。

 

元気に退院して、娘と駅にオルゴールを聴きに行ったとき嬉しかったな。

今の職場に移ろうか悩んでるときも、コンサートに行って元気もらったっけ。

 

復活の日を待ってる!!!

 

10年間、走り続けてちょっと立ち止まりたくなったのかもしれないですね。

アウトプットし続けると、消耗しちゃうものね。

いろんなものを吸収したくなったのかもですね。

 

活動のカタチは変わっても、3人とも変わらず応援しつづけるよ~!

いろんなパワーをチャージして、また3人で元気にステージに立ってくださいね。

 

あの日もあの日もあの日も

いつも元気をありがとう。素敵な音楽をありがとう。

待ってるからね。いきものがかり。