こんにちは。香里です。

 

たぶん世間ではそろそろボーナスが出るとか出たとか…そんな時期ですよね~。

あ、うちも出ますよ?たぶん。ガチな寸志が。。。

 

もうこうして何度愚痴ったことでしょう私は…。笑

今までだって何年も出ないことあったし慣れてるんだよ。強がりじゃなく。

でも、終わりが見えないってこんなにも不安なものなんですね…。そしてこの年齢になってからのこの状況がほんと堪える。

 

 

夫の賞与なし コロナが恨めしい2020年冬

夏の時点でもうわかってたし、既に決まった時点でもグチってますよね。

 

そして、間もなく賞与支給日なので確実にもう一回はグチります。予告。笑

 

いくら嘆いたって出ないものは出ないんだから仕方ないだろ~と自分でも思いますよ。ほんとに。

自分たちだけじゃないってこともよくわかってるし。

それに賞与なんてあてにしてるからだって思われるかもしれませんね。

 

だけどこれっていつかは抜けられるのか、そのまえに夫の会社がいつまで持つのか。

先のことがまったく予想もつかないっていうのがほんとにつらい。予想もつかないっていうかもう悪い予想しかないっていうのがつらいんだろうね。。。

 

それから、既に給与も大幅カットされているのも大きな嘆きポイントです。。。ダメージがハンパないよ。

こんな感じです。。。下がりすぎてて怖い。笑

 

なんでこんなことになっちゃったんだろう。

 

去年の今ごろはこんなになっているなんて思ってもみなかった。

『来年はオリンピックでものすごく忙しいんだろうな…。そして終わった後は経済が一気に冷え込むかもしれないよねぇ。』くらいの予想しかできなかったですよね。

 

そしてあのころは病気よりもテロとかの方をより恐れていたような気がします。

 

人の出入りが激しくなるだろうから、怖いよね~ってよく話していたっけ。そのときは悪意を持った人が紛れ込むのが怖いってことで話をしていたんだけど。。。

 

今は人がひしめく図を想像するのすら怖い。単純にウイルスがまん延するのを想像してしまって怖いです。

 

でも来年までこんなことが続いたらと思うと本当に恐怖。夫の会社や業界はもちろんですが、ほかにもたくさんの産業がドミノのように倒れていくんじゃないかと…。

 

なんとかおさまって少しずつでも経済が上向きになってくれないだろうか。本当に。

真面目な話、今年は冬の寒さがよけいに身にしみます。泣

 

賞与なしでモチベーションは保てる?

要するに私の場合は、ケチケチ精神を発揮してなるべく質素に休日ひきこもり計画を遂行していればなんとかなるんだけど…夫の場合はどうしたらいいんだろう。

 

…しかしボーナスないって決まっているのにヤツめスーツ買っちゃってるし。モチベーションうんぬんよりそもそもガマンをしないんだよね。笑

 

もはや、私のパート先での寸志が希望の光。…ただあの社長が出してくれるか不安は残りますけど。

 

この数年の実績からすると多少はくれるだろうけど。ずいぶんこき使われているし。

ただ業績の方が本当にあぶないので期待はできないです。

ただあの会社悪運が強いというか…いよいよヤバいってなるとどこからか声がかかるのが不思議なんですよねぇ。

ここへきて多少持ち直してる。

今は私としても助かりますけどね。やめたいのはやまやまなれど、つぶれちゃったら次がないからさ。

 

夫の賞与がない話のまとめ

いや、もうただ嘆いてるだけでオチもなんにもないです。スミマセン。

でもなんとかこうして生活できているだけでありがたいと思わなければ。

ごはんも食べられるし、暖房だって入れられるんだから。…ってもうそんな世界です。。。

そう思わないとやっていけない。

 

どうしようもなくなったら、娘の学費も延納なり緊急の奨学金なりを検討するしかないな。

あと2年。なんとかあと2年。

大学だけはなんとか出してやりたい~。ほんとに少しでもいいから学費の減額を考えてほしいです。

 

心の叫びだけぶつけて失礼しま~す。。。笑