こんにちは。香里です。

 

はて?と思いました。

 

イヤだイヤだと言いながら全然変わらない私。

 

毎日のようにイヤな思いしながら

どうして変わろうとしないんだ?私。

 

今までしょうがないじゃん…と思ってたけど

しょうがなくないよね。

 

なんで私、こんなになっちゃったんだろう。。。

 

本当はわかってるけど目をそらしてたんだよね。

 

いいことなんか何もないのに、甘んじてきたのは

諦めてさえしまえば、楽だったからってだけ。

 

 

ほんと損することばっかり…

 

少しずつ、少しずつ太っていったので

自分の中で危機感がさほどなかったのも良くなかった。

 

あれ?って思うことすらあんまりなかった。

 

ほんとヤバいなって思ったのなんて、今年の伯母のお葬式。

 

以前の喪服が入らないっていう情けなさでしたよ。

 

そのあと、気をつけるようになってもなかなか減らない。

 

そうなってみて…

 

気づいてみたら私の生活、不都合なこと、損することばっかりだった。

 

好きな服が着られない

 

いつの間にか、自分の好きな服じゃなくてサイズの合う服を

選んでた…というより選べなくて仕方なく決めてた。

 

好きなデザインの服を着てみても、自分の思い描いているのとは

ほど遠いシルエットで、着てみてがっかり…もよくあることで。

 

好きな色も、好きな形も全然似合わない。

いや、もうトシだもの。

アラフィフだもの。

なんて気づかないうちに自分の中で変換してる。

 

違うじゃん。

 

こんな体型で似合うわけがないよ。

 

年齢が上がってくると、面と向かってズケズケ

言ってくる人も少なくなるから、言い訳で自分を

守るのはわりと簡単なのです。

 

実際は、勝手に女性の現役から降りてしまっただけ。

 

女性扱いされなくなる

 

女性扱いされないのはさみしいけれど

 

いつまでも、かまって感プンプンさせてるのも

なんかキモチ悪いもんね…。

 

別に今さらオトコの人にモテたいとも思わないし。

 

でもこれも言い訳。

 

おかあさん、とかおばちゃん、とか

そういう役どころに自分を置いて安心してるだけ。

 

いろいろな場面で女性扱いされた方が気持ちいいに決まってる。

 

それにもともと女って、男の人からの視線を気にすると

いうよりは、女の人の目を気にしておしゃれするイキモノだよね。

 

現役女性から蔑まれる

 

これくらいの年齢になると、ま~差が激しくなるよね。

 

見た目じゃ年齢が同じかどうかなんてわからなくなる。

 

もともとの美醜を覆すことさえできてしまう年代。

 

美の現役から降りたかどうかで、全然変わってきてしまう。

 

そして現役張ってる同年代の女性から、あの人降りたんだな…と

思われているのよ。なんて情けない…。

 

純粋に体調に影響する

 

あとは普通に年齢的に病気になる確率が上がるから

よけいな脂肪は少しでも減らせ!ってことですよね。

 

体調悪いのも更年期だけじゃないような気がする。

 

本当に太ってていいことなんか何もない。

 

ずっと前から分かってたのに。

 

険しい道のりになるだろうな~。

 

でも地道にコツコツやるしかないね。

 

このままででは自分を嫌いになる一方だもの。

 

必要に応じてここにも経過を記載してみよう。