こんにちは。香里です。

 

急に寒くなってきましたね。今年もインフルエンザが流行し始めたようです。なんか早くない?我が家も受験生の娘がいるので気が気じゃないんですよね。

 

とにかく予防が一番だと思いますから、今年ばかりは私もインフルエンザの予防接種を済ませました。娘は2回目の接種をする予定で、さらなる効果の上乗せを狙ってます。早くもワクチン不足が言われていますから、希望している場合は早めの接種がおすすめです。

 

そんな中、今年はインフルエンザ撃退の救世主が現れたとか?気になったので調べてみました。

 

 

ゾフルーザってなに?

ゾフルーザは2018年の3月に厚生労働省が承認したばかりのインフルエンザ用の新薬の名前です。恥ずかしながら私、知りませんで…テレビで見て初めて知りました。アンテナ低すぎですね。。。

 

このゾフルーザはウィルスの増殖を阻害するという画期的な薬です。従来のインフルエンザの治療薬は、ウィルスの増殖を阻害する効果はないため5日間は薬を飲み続けなければならなかったのですが、ゾフルーザを飲むとウィルスが細胞内で増殖できなくなるので、1回の服用で症状がかなり軽減するというわけね。実際にどれくらいの時間で回復できるのかはわからないけれど、有望な選択肢が増えるのはありがたい話です。

 

体がウィルスと戦う時間が短くなれば、体力もそこまで消耗しなくてすみますし。受験生、切羽詰まっていますからね…。ダメージは少なければ少ないほどありがたいですよ。

 

そういう薬が出てきてくれたってことだけで、もし万が一インフルになってしまっても間に合うかも!っていう希望が持てますからね。研究者のみなさん、どうもありがとうございます。冬場、どうしても休めないようなお仕事をしている人も助かりますよね~。私もファミレス勤務だったときは絶対にかかりたくなくてピリピリしまくりだった…。

 

ただこのゾフルーザ、新薬ということもあって薬価が割高なんだそうです。でも1回飲んで終わりならアリかな?

 

一番はマスク・うがい・手洗い

とはいえ、一番はウィルスを体の中に入れないことなので、入口(手・鼻・喉)の清潔は必須ですね~。うちの娘の場合はアレルギー持ちですから、本当は薬を飲むのも怖いんですよね。特に飲んだことのない薬は怖いんです。

 

だからできることならかかりたくない。

 

なので、今シーズンは早くからせっせと水際作戦やってます。今のところ家族全員風邪もひいていないのである程度効果は出ているのかなぁ?

 

 

あ、私はもとから丈夫なので(がんにはなったけど)周りが風邪ひいててもたいがい、かからないんですけどね。でもインフルエンザはさすがに周りで流行っていたらかかっちゃうだろうなぁ。

 

とりあえず、娘にうつすのは絶対に避けたい。万全の体調で臨ませてあげたいので引き続き頑張ります。

夫も予防接種の予約をしたので、今シーズンはどうか、どうかかからないでいただきたい。

 

この人前科があって、娘の幼稚園の卒業式の前々日にインフルエンザA型にかかり、せっかく有給休暇を取っていたのに出席できなかったんですよねぇ。いますよね~。大事な時に体調崩す夫みたいな人。笑

 

まとめ

薬も予防接種も大事だけれど、毎日のうがい手洗いと免疫向上がやっぱり基本ですよね。

 

追い込みの時期に入ってきたのでどうしても睡眠不足になりがちなんでしょうが、食べるものに気をつけながら、ぐっすり眠れるようにしていきたいと思います。

 

といいつつも、自分が眠いのにすぐ負けちゃって…。更年期のせいなんだかたるんでるんだか。

 

あ~今年は、私にとっては厳しい一年になりそうです。いろいろ親として学ぶこともあったんだけど。いいこともたくさんあったんだけど。やっぱりつらかった。

 

せめて、娘の体調管理だけでもしっかりしてあげて春には望んだものをみんな手に入れてもらいたい。

 

寒い中、受験勉強に励んでいる子みんな…素敵な春を迎えてくださいね。ほんとそう思う。。。