こんにちは。香里です。

 

私立大学受験真っ最中の娘を抱えておりますが、普段は大して気にならないレベルの出来事が次々と私の心を打ち砕いてくれています。笑

強靭なはずのハートですけどただいま粉砕中。相当なやさぐれモードに入ってます。

 

受験生を抱えた親の気持ちを逆なでする人、多いんですよ。まぁ、こんなこと言ってるくせに喉元過ぎれば私もケロッと忘れるんでしょうけどね。だからこそ忘れないように書いておこうと思って。

 

受験生がいると家族だってめっちゃ神経使うんだよ~~!!今回は愚痴満載なので、苦手な方はスルーでね。。。

 

 

受験生の親は風邪をひけないの 絶対に

こんなに寒暖差が激しくて、こんなに風邪やインフルエンザが流行っている…でも私たちは絶対に風邪をひけないんです。えぇ、ましてやインフルなんてもってのほかですよね。

 

まぁ、私は更年期にこそやられておりますけれども、風邪なんて何年もひかないくらい丈夫な人間ですけどね。

それでもそのプレッシャーたるや大変なもので、自分ももちろんだけど家族にも絶対に風邪、インフル、胃腸炎を発症させてはいけない。日々神経をすり減らし、口うるさく指図しているわけですよ。

 

それなのに、私のこれまでの努力をぶち壊すクズが。 ウンチク氏。

 

職場の人ですが、手っ取り早くキャラを知ってもらうにはこの記事がよいかと。

 

このウンチク氏、先日某国から帰ってきたんですね。某国で発症したたちの悪そうな風邪とともに。オマエいったい一年に何回風邪ひいてるんだよって話ですよ。。。月イチ?くらいのペースで風邪ひいてるんですから。それは盛ったとしても、季節に一度は必ずひいてる。

私なんて、最後に熱出したの3年以上前ですからね。笑

 

まぁまぁ、風邪ひくのは仕方がないとして、周囲に気を使ってマスクをするとか、調子が悪かったら周りに迷惑かけないよう無理をせずに休むとか、そういう姿勢がほしいところなんですが彼にそんな気づかいは皆無。どころか具合悪いアピールを盛大にしながら咳をしまくり、鼻をかみ、菌なんだかウィルスなんだかをまき散らし、みんなの眉をひそめさせています。。。

 

昨日も遠慮なく咳をまき散らしながら出社してきたので、『具合悪いんだったら無理しないで休んだほうがいいですよ。熱もあったんでしょ?ゆっくり寝てたほうが早く治るんじゃないですか?』と言ったら『いや~もうだいぶ良くなってきたから大丈夫ですよ。』なんて言う。

 

『そんなひどい咳してるのに!』と言ったら『だって、さっさと誰かに移したほうが早く治るっていうじゃないですか。アハハハハ~!』だって。

 

…ふざけんなよ!!!』ってガチめに低~くキレてしまいました。舌打ちつきね。笑

 

ズケズケ言ったので周りは笑っていましたが、私は本気でしたよ。娘が受験生で、試験日がここ何日かに集中していることを知っていてわざとそういうことを言ってくるからです。私がイライラするのが面白いんでしょうね。

私の事情なんて彼には関係ないってわかっているけれど、その性格の悪さが今の自分には耐え難いです。

 

自分の時はこんなに無遠慮なのに、他人がもし風邪ひいたりするとものすごくねちねち責めるんですよ。マスクして気をつかっていても『うつったら困るじゃないですか。もう帰ってくださいよ。』ってね。本当にムカつく!

 

この日、ウンチク氏の周りの人はみんな予防のためマスク着用することにしました。気休めですけどね。そしてウンチク氏へのあてつけの意味もあって。そしたらさすがに小さくなってマスクし始めましたけど。←その日だけだった(・□・;)

 

受験生の親の気持ち 簡単にわかるって言うな

心が弱っているときほど、会いたくない人に会ってしまうのはどうしてなんでしょうか。

 

 

前に書いたママ友(私にとってはママ友というか知人)にまたばったり会ってしまう不運。笑

彼女の子供は昨年のうちに指定校だったか公募だったかでもう大学が決まっています。あ、指定校みたいですね。自分で書いてるわ。控えめな(わかりにくい)自慢をし続ける人、がこの知人です。

 

『どお?ど~お?もう、受験終わった?』会うなり核心に食らいつく貪欲さ…どうしてそっとしておいてくれないんだろうか。

『ううん、今真っ最中。うちは私立だけだから今週と来週でほとんど終わるけど。』

『ね、それでどっか受かった?』

『うん、一校だけね。行きたい大学はまだこれから受験だけど。』

『そうなんだ~。でもホッ…だよね~!もう、すっごくわかるぅ。』わかる???

『月末までには行き先が決まるけど、それまでは落ち着かないかな。』

『そうだよね~。近所の人もそう言ってた。じゃあ、もうしばらくしてから聞くね~。』

いやいや、聞かなくていいし。別に言いたくないよキミに…。

 

『一般って受験するだけでも大変だよね~。』

『そうだね…30万くらい一瞬で飛ぶよね…。』

『え?でも30万ですんだんだ!100万かかったって人もいるからさ、安くすんで良かったね~!』

何がいいんだろう。何勝手に比べてんのかな~この人は。。。それに受験料だけで100万ってあんまりいないと思うよ。

 

『うちは、もう成人式の着物の予約もしちゃったよぉ!』

『入学式のスーツも初売りで買ったんだけど、ほんと地味なやつにしたのよ。そこでサイズがね~…略』

『受験すんだらいろいろ教えてあげるね~。全然まだ考えてないでしょ?前撮りとか、いろいろあるから…略』

…娘の受験のあと自分で調べるよ。もう勘弁してくれ~。

 

その後も、卒業式や入学式の服装のこと、自分の子供のバイトの話となかなか解放してくれず。。。

やっとの思いで別れたものの、言いたいだけ言われて終わった感が。。。疲れました。

自分の子供にしか興味がないくせに、どうしてそんなに他人の子供の動向も気になるんだろう。

 

受験生の親なのに無関心?敵は家庭内にもいた件

そんなこんなで、イライラしっぱなしの私ですが…きわめつけはうちの自己中。←夫

 

自己中、お風呂で昏睡疑惑?事件 笑

 

このまえ、あんなに言ったのにまたとんでもない時間に帰宅。。。

もうさぁ…胆石のときの反省どうした?って感じですよね。学習しないわほんとに。

今回は、再三言ってあるのでさすがにお風呂には入らなかったみたいだけど、ぐでんぐでんになって帰ってきて。

 

いや、今さら夫に何かを期待しているわけじゃないんですよ私は。だけど自己管理ができないくせに夜な夜な飲みに行って、それでどっかで倒れたりとか病気もらって帰られたら迷惑なんですけど。。。

 

精いっぱいチャレンジしても実力が足りないなら、それは娘も納得できると思うんです。でも自分にはどうすることもできないことで受験に失敗したら後々まで悔やむことになるのに。なぜ配慮できないのだ??

 

娘の受験が終わってから好きなだけ飲みに行けばいいだろうが!!!

 

今の私には夫の心配をしてあげるほど、心に余裕がないのです。余裕があったらするのか?

それでも最近多少はマシになってたと思うんですけども…自己中はどこまでいっても自己中ってことですかね?

 

まとめ

なんか改めて書いてみると、普段ならそこまで腹を立てないことばかり。。。ま、普段もイラっとはするけど。笑

 

やっぱり親の私も心配しすぎて通常より神経がささくれ立っているのかもしれません。ある意味被害妄想なのかも?ダメですね。できるだけフラットでいないとね。

 

毎日、娘が不安な気持ちを持て余しているのを見ているから…その時は平気な顔をしているつもりでも内心なかなか冷静ではいられない。勉強以外の不安要素は全部排除してあげたいとか、やっきになってる部分があるかも。そりゃあ努力はするけど、完全に守ってあげるなんて無理なのに。

 

いつも通りって簡単にはできないですね。

 

こうして娘の気持ちに寄り添っているつもりの自分も実は『親…ウザい…』と思われているところあるんだろうな~。親子でも一心同体なんて無理だもん…ってかキモいよね。そして、もしもそんなことが起こったら確実に娘の学力は急降下してしまうことでしょう。笑

 

とりあえず、あと数日。

 

元気に志望校に挑戦してくれることだけを祈る母です。

 

この週末、受験の方もたくさんいるでしょう。悪天候の影響がありませんように。そして実力を存分に発揮できますように。