こんにちは。香里です。

 

今日は思いっきり自虐です。

 

凹んでいるので突っ込まないでね 笑。

 

太ってしまったのは自分が悪いんですけど

自分が滑稽すぎて悲しむことさえできない

…という情けないお話です。

 

あ~凹む…。

 

 

出かけるのさえ簡単じゃないっていう

 

ここのところ、急に大量に発汗したりして

体調が落ち着かない私なんですが…。

 

怖くないですか?ちょっと遠出するのも。

 

急にドッと汗かいて調子悪くなったりする

から。

 

でも、今回は特別。

 

意を決して、恩師のお通夜に行く決心をし

たわけなんですよ。

 

仕事も少し早くあがらせてもらってね。

 

で…支度してたんだけど…

 

こんな時にまた大量の汗が…!

どんどんどんどん出てくる。

 

冷房ガンガンにかけてもさっぱり効いてこな

くて焦りMAX。

 

厚塗りしたファンデも浮きまくり。

 

でね…。

 

伯母のお葬式のために買い直した喪服がね…

汗で張り付いてファスナー上がらない 涙。

 

背中にピッタリ張り付いてジリジリとしかあ

がっていかない。

 

焦れば焦るほど汗が。。。

 

マジ情けなさすぎ。。。

 

しかも最近右手が上がらなくなって←50肩

 

ファスナーにもうちょっとのところで手が

届かない。

 

片方の手で下から上げられるところまでし

かファスナーを上げられないっていう!

 

もうちょっとのところで痛くてファスナー

まで手が届かないわけですよ。

 

4月の伯父のお葬式の時には手が上がったの

に、どんどん老化が進んでるのをこんなとこ

ろで実感するなんて。

 

それにしても、こんなに太ってなければ何と

か届いたと思うので、自分に腹が立つは、時

間は迫るはでもう気分は最悪に。

 

焦るとさらに汗でぐしょぐしょになり、ます

ますピッチリ張り付く喪服。

 

…でどうしたと思います??

 

開き直った更年期女の行動とは

 

あのね…。

 

中途半端な状態で張り付かせたまま、上着

着て出かけました 笑。

 

気持ち悪いったらありゃしない。。。

 

家族が誰か家にいてくれたら難なく解決し

たんだけど、恥ずかしくて近所の人にも頼

めないし。

 

もういいわ…夜だし私のことなんて誰も見

てないからいいわ…って。

 

大量の汗をふきふき、長時間かけて出かけ

たわけです。

 

泣きたい。。。

 

ま~中でひっついてるだけなので、友だちに

も気づかれず。

 

こんな悲しい席に出かける日でさえも、悲し

さを感じる暇がない私って何なんですかね。

 

全然変わらない面影

 

そんな情けない私とは大違いで…

遺影の中で微笑む先生は若々しく、昔の面影

を残したままでした。

 

懐かしいやら悲しいやらで何とも言えない

気持ちで送りました。

 

でも、あまりに弔問の人の数が多すぎて…

写真は確かにあるけれども、そこに先生が

いるっていう実感はまったくないまま。

 

懐かしい友人とつかの間の再会をして、家路

についたんです。

 

帰りは帰りでさぁ。。。

 

久しぶりのヒールが痛すぎて、途中で脱ぎた

い気持ちを何とか抑えて必死に帰宅。

 

改善傾向とはいえ、特に左足のむくみがやっ

ぱりつらい。

 

長い時間たつと足が悲鳴を上げてしまう。

 

もう頭の中は…

 

痛い痛い痛い痛い痛い痛い

 

本当に情けないです。

 

こんな教え子ですみませんでした。

 

本当にありがとうございましたって…

家に着いて倒れ込んだあと、やっと心で手を

合わせた次第です。

 

先生、どうぞ安らかに…。