こんにちは。香里です。

 

先日、たまたま行ったカルディで冬らしいトートバッグを見かけて即買ってしまいました。

トートバッグにカルディのお菓子や小物などが入ってセットになっているもの。

数量限定なうえに福袋的な楽しみもあって…上手に女心をくすぐってきますよね~。

 

 

コーデュロイのトートはさりげなくおしゃれ

 

 

写真だとブラウンっぽく見えるけど、実際はもう少し黄色味があるというか、レンガ色って感じですかね。

少々ペラッとはしてるけど、素材のコーデュロイは落ち着いた雰囲気。大人でも持ちやすいです。

カルディのロゴも刺繍でちょっとおしゃれなんですよ~。

留め具は磁石じゃなく、バッグと色を合わせたボタンなんですけどこれがまたいいアクセントになってる。

秋冬のコーデュロイっていいですよね。街の寒々しい景色にほっこり目立つこのあったかそうな生地。

 

カルディの限定バッグには何が入ってる?

 

 

限定トートの中には、タコスチップスインスタントのミルクコーヒーくるみのパウンドケーキ・バッグと同素材のミニポーチとその中にコーヒー味のキャンディが入ってました。思わず嬉しくなるやつね~。

タコスチップスは私、食べたことないので楽しみ←まだ食べてない。

ミニポーチはほんとにちっちゃくて、私のスマホは入りませんでしたよ。笑

ちなみにiPhone7です。縦の長さがちょうどポーチの幅くらいで中には入らないくらいのサイズ感。まぁ飴とかちょっとしたものが入ればいいのよね。

バッグと同じ生地を使ってあるのがとても可愛いです。

 

 

ポーチの中にはコーヒーキャンディがいっぱい(8個だったかな)入っていて得した感アリ。

せっかくだからなめてみようと思うんだけど、なんかもったいなくて。(-_-;)

出かけたときの待ち時間とか、ちょっと口さみしい時とかに重宝しそうだけど私通勤時間がほぼ0だからな~。

 

最近は父のことで実家に通う回数が増えたから、その時のお楽しみにしようかと思ってます。

どうしても行き帰りは気持ちが沈んだりするので…。小さな甘いものは心にポッと火を灯してくれるよね。

 

 

甘いものと言えば…くるみのパウンドケーキはもう食べちゃった。ちびサイズだけど迫力ありますね~。

ローストしたくるみの香ばしさがいっぱいに広がって超おいしかった~♪

私、ナッツとかくるみとか大好きなんです。

もうちょっと生地がしっとりしてるとなお良いのですけど…でもおいしいおやつでした。満足。

あ、一人で食べたんじゃないからね。汗

 

スティックコーヒーも飲みました。

箱にも書いてあったけど、ほんとにカルディの店頭で配ってるあのコーヒーみたいでした。あま~い。

いつもはブラックコーヒー一択の私ですが、午後とか疲れてきたな~ってときに飲むとちょっと幸せ。

職場に持って行って気が向いたときに飲んでます。

 

押しも押されもせぬ?オバサンになっちゃったけど、こういう詰め合わせってやっぱり好き。女の子だったころを思い出すというか。( ´艸`)

 

コーデュロイバッグ…ここが惜しい!

これね、けっこうたっぷり入るんですよ…小さいかな?と思ったけどマチもついてるので思いのほか入る。

ただ強度的にそこまで強くもなさそうだからそんなにギュウギュウ入れちゃダメかも。

コーデュロイ地がけっこうしっかりしてるせいか裏地はついてません。

とても軽いので、いっぱい入れると大丈夫かな…とちょっと心配になるという。

 

あとねぇ、ほんと小さくってもちゃんとしてなくてもいいから内ポケットがほしかった。

なんなら外ポケでもいいんだけど、この見た目が好きだから内側がいい。

けっこう入るから小さなものとかすぐ行方不明になっちゃうんですよ。だからポーチか。。。このポーチすら探しにくいと思う。

持ち手にポーチをつるそうかしらと考えたんですけどそれもめんどくさい。笑

ポーチのファスナー開けて中のものを…っていうそのひと手間が。どんだけめんどくさがりだろうね。

 

カルディのコーデュロイバッグセットの感想

とても気に入って毎日職場に持って行ってます。

近場なので通勤用のかしこまったバッグはいらないし、軽くて可愛いので重宝しています。

それでいて折りたたみ傘も入るという頼もしさですからね。

 

バッグの中に入っていたセットもそれぞれすごく楽しめたので、これは買ってよかった。。。

税込1530円でした。

 

知らなかったんですけど、場所によっては並んだりとか飛ぶように売れちゃうんですって…こういうセット。そんでネットショップは即完売しちゃうみたい。私が行ったカルディはちょっと古いショップで購買層の年齢が高めなのでまだいっぱいありましたけどね。

 

次にまた可愛いセットを見かけたら、今度は娘の分も買ってあげよう。