こんにちは。香里です。

 

レディサラダってご存じでしょうか?

神奈川県の三浦半島特産の、皮が赤い大根なんですけど(ほかの産地もあるのかな…私が知らないだけで)色鮮やかで生で食べるとおいしいです。私このレディサラダが大好きなんですよね~。

 

今年もスーパーで見かけたのでさっそく購入して甘酢漬けにしました。

 

 

レディサラダの季節がやってきた

見た目はとても大根には見えないんですが、食べると立派な大根です。みずみずしくておいしいの。

 

 

実はこれは去年のレディサラダの画像なんですけど…。笑

せっせと切って甘酢に漬けてから写真撮るの忘れたことに気づいてしまった。

この写真だと色がそこまできれいに出てないんですけどね。実物はほんとに色鮮やかな大根なんですよ。

 

なんかニンジンとかさつまいもみたいですよね。

サイズもそんな感じで、ちょっと大きめのニンジンかさつまいもってところですかね。うっかりすると間違えそうです。

 

レディサラダは甘酢漬けがおすすめ

…いや私が甘酢漬けが好きすぎて、ほかのメニューを作らないからそれしかおすすめできないっていう。

でもね、レディサラダは辛味が控えめでシャキシャキなので、加熱せずに生で食べるのがおいしいと思います。

 

 

甘酢漬けにしたレディサラダです。(ちなみにこのお皿もセリアです…)

これは昨日の写真ですよ~。

 

薄めに切ってだしまろ酢(だしのきいたまろやかなお酢)に漬けただけなんですけど。笑

いやほんと、だしまろ酢万能説。おいしいですよね~。

きゅうりやニンジンを漬けてピクルスにするのも好きなんです。レディサラダの場合はピクルスっぽくはならずに漬け物って感じになりますね。

 

切ったときは中が真っ白ですが、漬けた後はほんのり全体がピンクに染まってとてもきれいです。

シャキシャキ具合が甘酢とマッチしてすごくおいしい。控えめだけどピリッときいた辛味がいいアクセントになってます。

箸休めにピッタリですけど、これが止まらなくなって無限に食べたくなるから箸休まらないかも。笑

長めに漬けて、サラダの色どりに使っても映えるんですよね~。晩秋から冬の間のお楽しみです。

 

三浦大根からレディサラダへ

その昔、三浦半島は三浦大根一択!!!って感じだったんですけど…いつできたんでしょうね?これ。

レディサラダは三浦大根と外国産の大根をかけ合わせて誕生したそうですが…親の三浦大根とは似ても似つかないおしゃれな姿です。。。

 

母の実家が三浦半島にあったので、子供のころはよく行ったんですけど…三浦の街(街ではないかも…海と畑しかなかった…てか今もあんまり変わらない)はどこもかしこも三浦大根ばっかりでした。

大きくて真っ白で。それこそ大根足のモデルなんじゃないかっていう大根。

畑の横を通ると育ちすぎたぶっとい大根足がいっぱい放置されてました。一瞬『ナマ足!!!』とビックリするんですよね。笑

 

品よくきれいなレディサラダを見ていると、生き残りをかけて必死に品種改良をしたんだろうなと想像してしまいます。

農家の高齢化も進んでいるようで…今ではあの大きな三浦大根を作る農家はないのかも。。。

つい両親の姿と重ね合わせてしまい…さびしい。

 

気がついたら冬が目の前ですね。ほんと気がついたらって感じで…今年は時間の感覚がちょっと変になってます。

いつもの年とはちょっと違うよね。

でも、季節の変化をしっかりと感じながら前を向いて生きていこうと思います。

 

なんだか変なまとめかたになっちゃった。。。

ほかにおいしい食べ方を見つけたら追記しますね。