こんにちは。香里です。

 

先日、実家に行った帰りに寄った成城石井でこの時期にしか売ってないあんこバターを見つけました。

あんこが大好きなので喜んで買って帰ったんですよ。そしたら別の日、用事で出かけた先に久世福商店があるのに気づいて。もしや、楽天で買えなかったあんバターがあるのでは…と覗いてみたら、あった~(⌒∇⌒)

 

家にはあんこバターが…と思いつつも我慢できずに購入…笑

せっかくなので、ふたつのあんこのバターを食べ比べてみようという贅沢な試みを思いついた次第です。

 

 

久世福商店のあんバターと成城石井のあんこバター

 

 

向かって左側が久世福商店のあんバターで、右側が成城石井のあんこバターです。

昨年、成城石井ではじめてあんこバターを購入して食べたんですけど…もうほんと幸せでした。笑

その後、またあるかなぁ?と何度か探しに行ったんですけど売ってなかったんで…これは冬の限定なのかな。

先日行ったときはたくさん並んでたので『あ、ある~!』と思って喜んで買って帰ったんです。

 

久世福商店のあんバターは以前に楽天で見かけておいしそう…と思い、セールの時買おうと思ってたらテレビで紹介されたかなんかであっという間に売り切れてたの。思ったらすぐに買え…という典型でしたね。

 

 

あけてみたところです。思ったより特徴出てるね。

粒が目立つのは左の久世福商店です。右の成城石井のはちょっとハードタイプって感じ。

全然違いますね。同じようなもの買っちゃった~なんて思ったけどとんでもなかった。まったくベツモノです。

作っているのは両方とも長野県の会社で、使っている原材料の小豆は北海道産という共通点はあるのだけど。笑

 

久世福商店のあんバターと成城石井のあんこバターを食べてみた

 

 

ちょっとね、切ったトーストの大きさにバラつきが…。雑ですみません。汗

手前が久世福商店のあんバターで奥が成城石井のあんこバターです。

見た目通り、あんバターの方はやわらかめ、あんこバターはややかためのぬり心地です。

 

食べてみました。

 

まずは手前の久世福商店のあんバターから。

あんにつぶ感が残ってて、なめらかでとってもおいしいです。

思ってたほど甘さも強くなくて、すっきりめ。トーストによく合います。つぶあん好きには嬉しい。

初めて食べたんですが、期待を裏切らないおいしさでした。

 

続いて奥の成城石井のあんこバターを。

これは昨年も食べたんですけどね。比べるものがあるとより味がよくわかりますね。

あんバターに比べて甘いです。まったりした甘さですね。幸せ。。。

こちらも小豆つぶが入ってますけど、どっちかいうとこしあんって感じです。

 

どちらにも寒天が入ってるんですけど、寒天の食感をより感じるのは成城石井のあんこバターです。

イメージとしてはこしあんのようかんみたいな感じ?それでいてバターのなめらかさもしっかり感じます。ちょっと洋風な感じの味わい。

久世福商店のあんバターは小豆のつぶの風味がググ~ッと凝縮された感じです。バターの風味は成城石井の方が強く感じますね。

あんバターはどちらかというと和風寄り。あんこバターは洋風って感じかな。個人的なイメージですが。

 

久世福商店のあんバターと成城石井のあんこバターを比べてみる

 

 

 

こちらは久世福商店のあんバターの裏面です。

栄養成分表示はこちら

熱量 297kcal

たんぱく質 4.7g

脂質 7.4g

炭水化物 52.9g

食塩相当量 0.15g

※100g当たり(推定値)

 

 

で、こちらが成城石井のあんこバターの裏面です。

成城石井のあんこバターの栄養成分表示はこちら

熱量 396kcal

たんぱく質 5.5g

脂質 16.2g

炭水化物 57.1g

食塩相当量 0.19g

※100g当たり

 

内容量はあんバターが270gあんこバターが280gです。瓶の高さはあんバターの方が高いけどあんこバターは瓶がちょっと大きいので…ほぼ同じくらい入ってますね。

 

カロリーは成城石井のあんこバターの方が高いです。けっこう差があるのはバターが強いせいですかね?

どちらも常温保存ですが、開封後は要冷蔵です。

 

余談ですが、瓶をあけるときにあんこバターの方はすごくきつく閉まっていて自分ではあけられず娘にあけてもらいました。情けな~笑

あんバターの方はなんとか自分でもあけられました。この情報いるかな。。。

 

久世福商店のあんバターと成城石井のあんこバターを食べた感想

見た目は似てるけど、どちらも個性的ですごくおいしかったです。

 

で、どちらがより好きかというと…あんバターかな。

私はつぶあんがとにかくとても好きなので。あんバターはつぶあんの風味を存分に味わえて、あずきがうま!!って感じなんですよね。

でもね、あんこバターはあんとバターの調和がすごくよくてこっちもおいしいんですよ。

甘くてまろやかで幸せ~って感じのおいしさ。

ざっくり強引にわけると、こしあん&洋菓子好きならあんこバターつぶあん&和菓子好きならあんバター

どっちもおすすめです。

 

朝食のトーストタイムが一気にグレードアップしそうです。

そしてトースト以外にも使えそう。

 

神奈川県も非常事態宣言が出て、気分が沈みがちなんですけど…あんバターとあんこバターで家カフェ楽しもうと思います。

 

久世福商店のあんバター 599円(税抜) 

成城石井のあんこバター 699円(税抜)

でした。ごちそうさまでした~。