おはようございます。香里です。

 

伯母が亡くなりました。

私にとって、とても大事な人でした。

事情があって…いろいろあって。でも大事な人でした。

 

どんなに後悔しても、今さらどうにもならない。

具合が悪いの、知ってました。でも遠慮して会いに行けなかった。

そんな姿を他人に絶対に見られたくないっていう人だったから。

 

会いたかった、話をしたかったっていうのは

ただの私のわがままです。伯母は望んでいなかった。

娘ならまだしも疎遠な姪ですから。私は一歩引いてなきゃいけなかった。

 

 

従姉の痛みに少しでも寄り添えるように

 

伯母には子どもが3人いるのですが…

ほんとちょっと事情があってね。ドラマより複雑なやつが。

伯母の世話は、娘である従姉がいろいろしていたんだけど

 

従姉自身が病気をしたこともあり

親戚間のもめごともあり、本当に大変だったと思います。

なんか私、部外者で年少者だったから踏み込めなかったんだけど…。

 

抱えるものがありすぎて、彼女は本当に苦労してきたと思います。

男兄弟しかいないから、私には香里ちゃんが姉妹みたいなものって

言ってくれていたのに。私は自分の家族に振り回されて、話を聞くこともできなくて。

 

伯母も心残りだったと思うので、これからは少しずつ従姉の支えになりたい。

頼りないよなぁ…私。ほんと歳ばっかりとってさ。

具合の悪い伯父の世話もしているので、これからも従姉の苦労は多いはず。

明るくて苦労を苦労と思わない人だから、私も見習って明るく元気に寄りそいたい。

 

おばちゃん、おつかれさまでした…

 

自分としては、大好きな伯母が亡くなったのですごく悲しいんだけど

冷静に考えれば、かなりの高齢だったし伯母は頑張ったなぁって思います。

いろいろ具合の悪いところがあって苦しかったと思うので

楽になって良かった…とも思うんですよね。

 

今の私と同じくらいの歳のとき、大病をしたけど

それからもちゃんとおばあちゃんになるまで元気に生きた伯母。

人生の先輩として尊敬します。孫もたくさんできて、その孫もみんな大きくなり

立派におばあちゃんの役目も果たして天に帰っていって…すごいね。

 

ほんと、おばあちゃんになるまで生きるって当たり前じゃないから。

悲しいけど、向こうでも元気でねって思います。

 

後悔は先に立たず せめてこれからは悔いのないように

 

それでも、後悔はたくさんたくさんあって。

考え出したら本当にきりがなくなる。

 

後悔していることはいろいろあるけれど、本当にいろいろあるけれど

それは自分で消化していかなければいけないことだからね。

生きている限り、自分の中に持ち続ける。

 

それよりも、現実的に情けなくて泣くにも泣けないのが

どれもこれも喪服が入らないことですよ。マジでえぐいからもう。。。

お葬式出るの10年ぶりくらいなので、しょうがないといえばしょうがないけど。

 

自分が情けない。本当にやさぐれたくなりますよ。

こんなんなっちゃって、おばちゃんに笑われるわ。

今年はちゃんと痩せて、自分のなりたい自分になる!!!

頑張ろう。

 

今までのありがとうを全部

 

生きているときには言えずじまいでしたが

今までのありがとうを残らず伝えてきたいと思います。

本当に後悔は先に立たないんだよね。

感謝や思いは、きちんと相手に伝えよう。そう思いました。

 

直接は言えなくなっちゃったけど

おばちゃんは、もう一人のお母さんだったよ。

心を育ててくれて、本当にありがとう。