こんにちは。香里です。

 

台風は来る前から過ぎていったあとまで本当に大変…次の台風の軌道も気になるところですね。

 

さて今日は、この春に変えた中近両用レンズを使用したメガネの話をしようと思います。

このちからくをかれこれ半年ほど使ってみたのですが、使い続けた感想などを。

 

 

 

近くがラク~に見える

ちからくレンズは、眼鏡市場で販売している中近両用の眼鏡用レンズです。

i-relax(アイリラックス)というのがレンズの正式な名前ですが、近くがラクに見えるというので『ちかラク』という愛称をつけているんですね。

 

この呼称に偽りはなくて、近くが自然によく見えます

 

ここ数年老眼が進んできてしまって、近視用のメガネをかけていたころはまるで凹レンズを見ているみたいに近くのものや小さい字がどんどん遠ざかって見えてたんですよ~。もともとは細かい作業とか手芸とか読書が大好きなのに、手元が見えなすぎて全然楽しめなくなってしまっていたんですね。

 

このメガネを購入したときのいきさつはこちらです。

 

近くのものがすっきりとキレイに見えるのって、想像していた以上に嬉しかった~。ストレス減りました

それでも最近はスマホよりもタブレット、文庫本よりも単行本がいいな~とか思っちゃいますけどね。笑

 

境目が自然なのでメガネ酔いしにくい

中学生のころから近視と乱視と視力の左右差がひどくって、無理やり視力を出してきた人生でした。だからメガネの度を変えるときは、慣れるまでいつもメガネ酔いしちゃうんです。そんなだったから今回なんてきっとすごく酔うんだろうな~と覚悟しつつ、購入したんですよね。

 

でも思っていたよりもずっと自然で、目の使い方に慣れるまで多少の労力は要しましたけど、かけていて気分が悪くなるようなことはほとんどありませんでした。

 

ひどいときなんて、メガネ新しくすると立ったり座ったりするだけで酔ってましたから。ド近視とド乱視だから仕方がないんですけどね。

 

近くを見る部分と少し先を見る部分の継ぎ目が全然わからない。だからこの自然さが実現するんだわ~と半年たつ今も毎日思っちゃいます。だってさ、イメージとしては遠近両用メガネって(これは中近両用だけどね)ぱっつり真ん中へんに線が入ってる…そんな感じじゃないですか?私はずっとそんなイメージだったのですよ。

 

どうしたって今までとは使用感が全然違うよなぁ…と覚悟してたんで、あれ?って拍子抜けしたくらい。普通にメガネ変えたの?って感じで周囲にも気づかれなかったですし。

 

自分で見てもわからないからそりゃそうだろ、って思います。笑

 

遠くを見るのには不便だなと感じる

こんな便利で使いやすい、ちからくメガネですが遠くはあんまりよく見えないです。

 

家事をしたり事務仕事をしたり、パソコン打ったりとかそういう作業には強いけれど、遠くを見るとちょっとぼやけて見えます。急に遠くで音がしたり、気になるものが遠くにあって瞬時に見たいときってあるじゃないですか。でも遠くはハッキリ見えないので、これけっこうストレスたまります

 

ただ、もともと近視の人には感覚がわかってもらえる気がしますが、遠くは見えないもんだと思っているので普段はそこまで気にならないんです。ぼやけた背景くらいに思ってますから…遠くに書いてあるものは。

 

ですが、時には即時にハッキリ読みたいときがあって…頻度はそんなに多くないんですけどそこがイヤかも。あとね、テレビから離れているときに興味のあることを言っている~と思って画面を見てもよく見えないとか。

 

それから、遠くの人の顔が判別できない…これが地味に不便です。近視用のメガネをかけているときには見えたんだけどな~ってことが時々あります。これがもどかしくてね。ただ、遠くにいる人が見分けられてしまうと微妙な距離感の時に声をかけようか迷うことになるから見えなくていいか…と自分の都合のいいように考えたり。笑

 

車の運転をするのには向かない

購入の際に店員さんにも言われましたが、ちからくレンズは車の運転をするのには向きません

もちろん人によって眼の状態も視力も違うので、みんながみんな絶対ダメというわけではないのでしょうが、運転するときには遠近両用のメガネをかけてくださいねと念を押されました。

大丈夫です…私免許、持ってないですから…。汗

このメガネは近くのものを見るのに特化しているので、デスクワークや家事用と決めて使うといちばんストレスなく使えると思います。

 

デスクワークをするときに良さを実感

 

ちからくレンズに変えてから、仕事するときほんとにラクで!このためだけでも変えて良かったです。

以前は微妙に目を細めたり見張ったりして少しでもよく見えるようにしながら仕事してたんですけど、ちょうどいい具合に見えて疲れないのですごくいいです。若干目の周りのシワも減ったんじゃないかしら…気のせい?笑

 

負担が少なくなって目の奥がジーンとする疲れが軽くなりました。全然なくなった!とまではいきませんが以前に比べたら格段に楽になったな~と思います。

 

細かい字を見たり書いたりする方、パソコンを使った仕事をしている方、指先を見るような作業の方は特にこの楽さを実感できるんじゃないかと思います。

 

ちからくを使ってみた満足度は?

75~80点くらい、と感じています。←個人的な感想ですよ~♪

近くのことだけに限っていえば95点くらいです。遠くはいいや…と思って入手したのでそこは了承ずみなんだけど、買い物をするときとか意外と不便でなんとなくストレス感じてしまうんですよ。ちょっと遠くの値札の説明文が読めない…というような些細なことなんですけど。

 

仕事をするときはちからく、外を歩くときや車を運転するときは遠近両用と使い分ければストレスフリーですよね。でも外を歩くのに不安になるほどのぼんやりした見え方ではないので、私はそのままかけて外を歩いてますけど。ケチって遠近両用は買わなかったからとも言いますよ。笑

 

まとめ

全体的に私は使いやすいし、見やすいので買ってよかったです。

もしも前のメガネに戻すとしたら、すご~くストレス感じると思います。ただ何度も言っていますが遠くをきちんと見るには向かないレンズだと思います。

後ろの方の席で映画を見るとか、ライブなんかで遠くの歌手をガッツリ見たい~!!って時には相当物足りないですからね。

 

ただ今日、買い物に歩いていてふと気づいたんですけど前よりも不便に思わなくなっていました。単純に慣れたってこともあると思うんですが。

 

ちからくレンズって遠くを横目でみるような時に特にぼやける気がします。対象物を目だけ動かして見るときあるでしょう?それだと見えにくいので、遠くで特に見たいものがあるときは顔をそちらに向けて真正面から見るようにするとけっこう見えます。慣れると無意識のうちにそうして見ているので、前よりも見やすくなっている気がするんですね。

 

…というわけで、ちからくレンズを半年使ってみた感想を書いてみました。どなたかの参考になるかな~。