こんにちは。香里です。

 

受験生がいるのと、自分が好きじゃないのとで普段テレビをあんまり見ないんです。

あ、ドラマは別ですよ。ドラマは大好き。あと朝はニュースも見ますけどね。

 

娘が気分転換にテレビを見ていたので、なんとなく一緒に自分も見ていた『ソノサキ』。この番組にすごい人が出てました。定年後の趣味として始めた絵で注目されているんですが、なんとその絵は表計算ソフトのエクセルで描かれているそうなんですよ。

 

私も将来の趣味候補で挑戦してみようかな~なんてちょっと思っちゃいました。

 

 

エクセルで立派な風景画が描ける

テレビで紹介されていた絵は緻密で、とてもていねいに仕上げられていました。本当にきれいなんですよ。

描いている方は堀内辰男さんという方で、群馬県にお住いの78歳の方です。

パソコン自体も定年後に本格的に触ったというのに、あの表計算ソフトのエクセルでさまざまな絵を描き、その緻密さと美しさが世界でも評判になっちゃっているっていう。笑

 

 

最初テレビで紹介されているのを見て、エクセルを方眼紙のように細かいマス目にして埋めているんだと思ったんですね。気の遠くなるような細かい作業だけど、それならわかるかもって。

 

そしたら、オートシェイプ機能のフリーハンドで描いてるっていうじゃないですか。ぶっ飛び。。。

 

マウスで細かいところまできれいに描いているそうなんですけど、私フリーハンドなんて線が震えちゃって全然まともな絵を描けないですよ。小さいパーツを細かく組み合わせて大きな絵にしていくらしいです。マウスさばきがヤバいからもう。笑

 

とにかくすごい完成度の高さ。遠目で見たら写真?と思うほど。これ生で見てみたいなぁ…。

そして使っている色合いが鮮やかで、見ているだけで幸せな気持ちになります。すごい!

 

なぜエクセルで絵を描こうと思ったの?

会社員時代に事務員さんが資料を作ってくれたことがあって、その資料にグラフとか絵が入れ込んであったのを見て、このソフトで絵を描けるかも…と思ったのがきっかけだそうです。発想が面白いですよね。

 

で、定年後パソコンの練習もかねて…という感じで始めたらハマった。笑

 

最初は毎日一枚、絵手紙的なものを作って練習していたそうです。デジタル絵手紙ですね。これいい…ある意味手描きでもあるし、名前も入れられるし、一枚作ったらガンガン印刷できるもんね。

そうしているうちに腕を上げてパソコン画コンテストで何度も賞を取るようになり、世界からも注目されたということです。

 

パソコン画は教えてもらえる?

こうして才能を開花させた堀内さんですが、現在は地元の公民館で講師をされているそうです。

地元の人がうらやましいな!ちなみに堀内さんが教えているのは館林市の城沼公民館だそうです。ExcelArt教室という名前で開催されています。

 

ExcelArt教室での様子がちょこっと放送されていましたけど、生徒さんはみんなよく知っている方ばっかりなのか教え方がめっちゃフランクで面白かったです。ツボりました。常に新しいことに挑戦し続ける方らしく、気持ちが若々しいんですね。

 

絵は購入できるの?

販売はしていないようです。個展を開くことがあるので見ることはできそうですね。堀内さんのサイトにもアップされているのでこちらでも見られますよ~。

 

堀内辰男さんのパソコン画ギャラリー

 

何年か修業したら私もこんなに素敵な絵描けるようになるだろうか。。。うまくなる前に挫折しそうな予感。

 

まとめ

夢中になれるものがあるっていいな…ってほんと思いました。

子供たちは大きくなっていって、心配してハラハラしているうちに自分は年取って何にも残らない…。そんな焦りのような諦めのような気持ちがあったんですけど、なんか目が覚めたよう。いいものを見ました。

 

いつだって、どんなことだって極めることができるんだって。子供のせいにしたり、時間がないせいにしたりするのは違うよね。

 

機会があったら、実際の絵を見てみたいです。