こんにちは。香里です。

 

先日、会社を休んで実家の父の通院の付き添いをしてきました。

付き添いはじめてから一年ちょっとたちますが、緩やかに能力が落ちている…と感じます。

それは患者の父だけじゃなくて、付き添っている母もそうで。

 

それは仕方ないんだけど、今回は雨のうえに手違いもあってバタバタでした。

もう両親だけでは通院きついんだなぁ…とつくづく思います。

 

 

高齢者の通院 手違いがあると大変な件

 

あのねぇ、先生が処方箋に書き忘れて一種類薬が足りなかったんですよ。ちょっとぉ~。怒

そのことに帰り道で気がついて引き返すという大惨事に。笑

でもね、今回は弟が仕事休みで帰って来てて、車で送迎してくれてたのでほんとに助かったんです。

私一人で雨の中、両親連れて引き返して…って考えるとゾ~ッとします。

病院がまた不便な場所なんですよ。こんなとき自分が車を運転できないことがうらめしいです。

 

ただね、通院してるクリニックがいつもに増して混み混みで、駐車場もいっぱいだったんで…もし自分で運転してたとしても身動きがとれずに大変だったと思う。

とにかく弟に感謝しかない。。。

 

にしても、先生め~。自分が提案した薬なのに言った直後に書き忘れるって大丈夫???

一度自分の診察もしたほうがいいんじゃない?…ごめんなさい冗談です。笑

なんか本当にすごく混んでたからね。つい書き忘れたんでしょう。ほんと勘弁して。

 

でも、普通ならば『うっかりだったね。すいませんアハハ~。』みたいな場面なんだけど…相手が高齢者となると意思の疎通からになるわけで…。

 

今回もね、処方箋持って薬局に行った母が薬剤師さんに説明を受けている時点で気がつけば良かったんだけど。

 

帰りの車の中で『あら~なんかやっぱり一種類足りないのよ。おかしいなぁ。』って始まって。処方箋を一枚出し忘れたのかな?ってさんざん探したけどなくて『いや、でも処方箋は一枚しかなかった。』というので引き返すことにしたんです。

 

その一種類ない薬というのが、認知症の進行を鈍化させる薬で今回のメインともいえる薬なわけですよ。

それをもらわなかったら意味ないじゃんってやつ。

じりじりと進行しているようなので、やっぱり薬を試してみましょうってことになったのです。

様子見のためにいつもは月一回なんだけど次の診察は二週間後にってことになったのに…肝心のその薬がないんじゃねぇ。

 

で、受付には私が一人で説明しに行って、両親は弟と車で待っていてもらうことに。

でも説明したんだけどなかなかわかってもらえなくて参ったわ~。

 

『処方箋に薬の名前が書いてないのに、なんでその薬がないってわかるんですか?』

『薬局の薬剤師さんが、その薬が必要だって言ったんですか?』

『受付で買っているサプリメントのことではなくて?』とかとか。

 

いやいやだから…今日初めて先生から勧められた薬だったって言ってんじゃん。

先生にまず確認してくれればいい話なんじゃないの?処方箋に薬の名前が書いてないんだから、ポイントはそこしかないじゃん。

 

押し問答の末、先生に確認してもらったら先生が書き忘れてたってことが判明。まったくもって単純なミスでした。

でもこれ、もし父本人とか母が説明してたら、埒が明かなかっただろうと思うと…。

特に父なんて説明すらまともにできないと思う。

高齢だからまたわけの分からないこと言ってる…ってなってしまう。いやわけは分かってないんだけどもね。笑

 

高齢者の通院には付き添いが必須だと思った

やっぱり欠かさず付き添わないとダメですね。

なるべく自分たちでやってもらおうと思ってて、手も口も出さないようにとは思ってるんだけど。

 

『あとから考えればおかしいってわかるんだけど、その時は気がつかないのよ。ほんっとに衰えててイヤになる。』と嘆く母の姿を見ると悲しいです。

 

いやいや、頑張って父を支えようとしてるじゃないの。微力ながら私もついてるからさ。。。

 

クリニックには同じように付き添っている人がいっぱい。ただでさえ混雑しているのに付き添い人口が多すぎて密になってる。←最近密って連呼しなくなったね~

高齢の人が一人で来ていると、けっこうな確率でもめていて…とにかく時間がかかるっていう。

 

今ごろになって弟と仲良くなった件

弟とは特に不仲だったわけじゃないけど…年齢も離れてるしすれ違いで全然会ってもいなかったんですよね。

両親が不安な年齢になってきて、話すことが多くなり…まさかの中高年になってから仲がよくなるという。笑

人生って面白いというかほろ苦いというか。。。

 

父や母と話していると、かみ砕いてゆっくり話したり何度も同じことを説明したりするので無意識にけっこう疲れてるんですよね。帰りの車で弟と話しだしたら止まらなくなってしまい…。笑

いや両親の文句とかじゃ全然なくくてね。普通の世間話を普通にできるのが気持ちよすぎて!

ふたりともめっちゃ早口で弾丸トークですよ。職場の話だとか誰々が引退するんだねぇとか。弟は独身なのでこっちも話し相手に飢えてるのよね。笑

 

父の通院という形ではありますが…久しぶりにかつての家族水入らずで一緒に過ごすことができました。

なんか不思議な気持ちだけどありがたいことですよね。。。