こんにちは。香里です。

 

2016年に大人気だったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の原作マンガの続編が始まるそうです。

私、ドラマにすっかりはまっちゃったクチで…毎回浮ついた感想とか書いてましたよ。

後追いって感じでマンガも全巻大人買いしてガッツリ一気読みしました~。笑

ドラマの終了の直後にマンガの連載も完結したんですけど、その後の話がまた連載されます。

原作の続編が始まるということは、ドラマも続編…あるかな~?期待しちゃいますね。

 

 

新しい連載はいつから?

2019年の1月25日発売のKiss3月号からです。

完結してからちょうど2年ぶりに続編が始まることになりますね~。続編も買っちゃうかもしれないです。

今回はみくりさんと平匡さんが正式に結婚してからのことが描かれるそうです。2人の周りの人々のその後も絡めて展開していくとか。あのあとどうなったんだろうって、気になっていたので楽しみだな。

 

仕事として結婚契約をしたことから始まった2人の恋ですが、ホンモノの夫婦になってからはどんな風になっていったのか興味深いですね。

 

マンガとドラマ、どこが違う?

大人気だったドラマの方では、秘密の恋にキュンキュンしてすれ違いにヤキモキしてって感じで華やかでしたが、マンガは割と骨太な印象を受けました。理詰めで2人の間に起こった問題をつぶしていくみたいな。

 

大筋は一緒で設定もわりと寄せていましたけど、マンガとドラマではちょっと雰囲気が違いましたよね。

 

私はドラマで夢中になって、それからマンガも読みたくなって一気に読んだんですけど、マンガの方により共感しました。問題提起がしっかりされている感があって。最後、きちんとクリアされてたのがよかった。ドラマもすごく楽しく見たんですけど、最後の着地がちょっとあいまいなところが不満だったんですよね。笑

 

いや、見た直後はあ~楽しかったと満足だったんだけどね。↓ あとからじわじわ来た。

 

 

ドラマでは少しもやもやしていたのが、マンガでは着地すっきりな感じで読後感がとても良かったです。楽しかったほんとに。

 

逃げ恥のここがいいなと思うところ

働き方や育児、家事分担の重さの違いなど、それこそお金に換算できない仕事ばかりの妻(夫の場合もあると思う)の切なさ。それを契約という名目で切り取って価値を検証してくれたのがすごく大きな功績だと思います。

 

結婚って、している人にとってもしていない人にとってもけっこう重~いテーマだと思うんですよ。華やかで幸せなイメージばかりが先行してますけど。実際はもっとズシーンと重い現実的な契約なわけで、それを長く続けていこうと思えばもう2人の問題ではなくて、周りの人や子供その他、いろいろ巻き込む大きな問題ですよね。

 

結婚を契約として真正面から描いてくれるマンガなんて今まで私、見たことなくて。けっこうな影響を受けたと思います。

 

マンガの中のみくりさんと平匡さんは次々起こる問題を、お互いの気持ちを言葉にしながらていねいに話し合ってクリアしていきます。とても理性的で冷静。でも時々プッと吹き出しちゃうくらいに純情なんですよね。いい年していいなぁ~ってうらやましく思っちゃったもんね。この2人の関係すごく好き。あのちょっとヘタウマ~な感じの絵も味があって好き。

 

続編の2人には、子供も生まれたりするのかな。本当の結婚をしようと決めたときに育児分担についても話し合っていたけど、実際に生まれてからはどうなるのか知りたい。番外編の百合ちゃんたちのその後にも興味津々です。

ドラマのあのとびっきり美しい百合ちゃんも素敵だったけど、マンガの百合ちゃんの等身大の悩める50代って感じもすっごく、いい。

 

またあの世界を味わえる…すごく楽しみです。逃げ恥の原作マンガを読んだことない方、この機会にぜひ読んでみて。ドラマと一味違った楽しさですよ。